自転車をなおしてもらった話


おっす!おら弱虫ペダルだいすきっこ!

自転車をこいでいると、だんだん、重いギアでがしがしこぎたくなるね。

そんな、おらの相棒こと、マイ自転車が、最近ちょっと調子悪かったのだよ。

その自転車をなおしてもらった話。

2014-06-01 20.34.12

 

この自転車は、あさひで、2013年の8月に購入したものだった。

それで、サイクルメイトという、まあ、会員になっておくと、一年間無料の点検が行えるというのに入っていた。

それで、調子が悪くなった、5月の点検のときにも、自転車をみてもらったのだけど。

おらの説明が悪かったのか、メンテの人には、悪い場所が特定できなかったらしく「どこも異常はありませんでした」という結果になった。

おらとしては、自転車をこぐときに、ちょうどこの写真のあたりから、カチャカチャ音がして、ひっかかるような感じがしてたんだけど…。

で、5月のときには、ダメなまま、おらの手元に戻ってきたのだけど、今日(6月1日)に、あらためて、自転車屋さんに持っていったわけ。

今日、受付してくれた人に、なんとかわかってもらおうと説明する。

「乗ったらすぐに分かるんですが、この部分がから音がして…」というと、その人は、すぐに自転車を外に持って行き、ひとこぎ、ふたこぎして、首をうんうんうなずくようにした。

「これは**の部分のなんちゃらかんちゃらに異常がおきてるかもしれないですね。自転車を倒しましたか?」という具合。

すでに、症状を把握して、なおす方法もわかっているようだ。

おらとしては、自分で自転車を倒したことはないのだけど、マンションの前の駐輪場においておいて、気づいたら倒れていたことが前にあったので、それかな?

という話をして、自転車をあずけることにした。

(そして自転車をあずけ。また時間がきて自転車をとりに行くと…。)

そして、自転車は、もとのように、音がしない状態に直っていた。

ちょーうれしい!

そして、修理費用は、486円というやすさだった。

これは、サイクルメイトという会員価格らしいのだけど、それでも、めちゃ安いと感じた。

おらとしては、1,000円以上もしくは3,000円未満くらいは、とられるのじゃないかしら?と思っていたから。

自分の自転車だけど、どこか、どう悪いのか、よくわからないおらにとっては、こうやって自転車をなおしてくれる場所があるのは、ありがたい。

そして、ちょーうれしい!(二回目)

広告