料理を因数分解してヨコ展開する方法

おっす!おら、自炊するの大好きっこ。

料理で美味しいものが作れると、とても嬉しいし、また作りたくなる。

今夜作ったのは、『キャベツと豚ひき肉の寄せ焼き』(参考『みんなが好きなボリューム和食』より)。

簡単で美味しかった。

でもこれって、アレに似てるよね?という話。

2014-05-03 20.27.26

■レシピを因数分解すると

今日の、レシピを因数分解してみよう。まあ、材料をならべるという意味だけど。

  • キャベツの千切り
  • 豚ひき肉
  • たまねぎ(おらのアレンジ)
  • エリンギ(おらのアレンジ)

材料は、いたってシンプル。

作り方も、焼くだけなのでシンプル。

味は美味しい。

でも、この材料って、何かに似ている。

ハンバーグでもあるし、餃子のタネとも、似ている。

キャベツを千切りにしないで、肉をキャベツで包んで、スープで煮込んだら、ロールキャベツとも似ている。

料理は、素材単位で、因数分解すると、とても似ている。

そして、その共通点があっていたら、その材料を組み合わせて作る料理は、たいてい美味しい。

■料理の素材を因数分解することで、ヨコ展開できる

おらは、餃子が好きだ。

ハンバーグも好きだ。

そういう趣向があるなら、今日のレシピの料理『キャベツと豚ひき肉の寄せ焼き』は、きっと美味しくいただける。

同じように、自分の好きな料理を、因数分解すると、他のアレンジもできるようになる。

たとえば、カルボナーラ。

材料は、パスタ、スパゲティ、チーズ、たまご、ベーコン、牛乳、など、これもシンプルなものだ。

そして、うまい。

この材料に似ている食べ物はなんだろう?

例としては、釜玉うどんがあげられる。

うん、パスタではなく、うどんだけども。

釜玉うどんの素材の因数分解は、うどん、たまご、だし汁、くらいのものだ。

うどんは小麦粉でできており、一方で、パスタも小麦粉でできている。

こういう共通点が見えてくると、素材の組み合わせの仕方で、好きな料理のヨコ展開できる方法がわかってくる(えらそう)。

そういう目で見ると、たとえば、目新しい料理である『トマトスープのラーメン』も、実は『トマトスパゲッティ』の組み合わせアレンジでしかなく、なんら新しいものではないということになる。

『トマトスパゲッティ』は、当然ながら美味しい料理なので、その因数分解が似ている『トマトスープのラーメン』も、やっぱり美味しい組み合わせなのだ。

■ヨコ展開でちょっと味付けを変える

大幅に、アレンジをしなくても、ちょっとした味付けを変えるだけでも、十分にヨコ展開が可能だ。

レシピでは、ケチャップで食べる料理があったとしたら、それを次に作るときには、ケチャップ+ソースにしてもいいだろうし、ソース+マヨネーズにしても、いいだろうし。

麺類で美味しい組み合わせは、案外、お米に変えても美味しいだろうし。

最終的に焼いてしあげるレシピを、スープで煮込んでも美味しいだろうし。

アレンジの仕方はいろいろだ。

そう考えると、料理は楽しくなる。

そして、そう考えた結果、美味しい料理ができると、また嬉しくなる。

次はアレを加えよう、こうしようなどと考えると、またまた料理がしたくなる。

おらの場合は、そういうのが好きなので、料理をするのが楽しいみたいだ。

広告

新しいMacにiTunesとiPhoneのデータをお引っ越し

おっす!おら新MacBook Airユーザ!

今回は、古いMacから、新しいMacへ、iTunesのデータのお引っ越しやらなんやらをやってみた。

懸案事項は、iPhoneのデータのお引っ越しだった。

なんとかなったので、なにをしたかのメモ。

2014-05-03 11.06.35

■環境について

旧Mac:MacBook / 13-inch,Late 2009 / OS: 10.9.2/ iTunes 11.1.5

新Mac:MacBook Air / 11-inch,Early 2014 / OS: 10.9.2/ iTunes 11.1.5

旧Macでも、新Macでも、同じOSで、同じiTunesのバージョンを使えるのが、Macのいいところ!

それでは、やったことを、順番に羅列してみようかな。

詳しいやり方は、さらにネットを調べてくださいね☆

■(1)ネットで下調べ

ネットで、iTunesとかiPhoneとか同期とかをキーワードに検索した。

あらかじめ、やりたいことを、イメージできるのが大事。

■(2) iTunesの音楽のお引っ越し

@旧Macで
iTunesを立ち上げて、ホームシェアリングを有効にする。

@新Macで
iTunesを立ち上げて、ホームシェアリングを有効にして、旧Macのホームシェアリングをみて、引っ越す。

これは、簡単だった。

■(3) iTunesの設定

@旧Macで
iPhone のフルバックアップをとっておく。

@旧Macで
メニューの、ファイル→ライブラリ→ライブラリを整理→ファイルを統合
→iTunes Media フォルダに保存し、オリジナルは現在の場所に残します。

環境設定 → デバイス → iPod、iPhone、およびiPad 自動的に同期しない

@新Mac
環境設定 → デバイス → iPod、iPhone、およびiPad 自動的に同期しない 。

■(4) Mobile Applicationsのフォルダの場所

@旧Mac
~/Puboic/iTunes Media/Mobile Applications

@新Mac
~/Music/iTunes/iTunes Media/Mobile Applications

これは、iPhoneに入っている、アプリのデータのバックアップっぽい。

旧Macから、新Macのフォルダへコピペ。

■(5) MobileSync

@旧Mac
~/Library/Application Support/MobileSync

@新Mac
~/Library/Application Support/MobileSync

これは、iPhone の、完全バックアップのデータ。

データサイズは、4.12GBくらいあった。

旧Macから、新Macのフォルダへコピペ。

■(6) FInderでライブラリディレクトリ(フォルダ)を見る方法

(4)や(5)で、フォルダが表示されない場合は、Finderのオプションの設定が必要。

Finderで、ホーム(~)を表示させる。

メニューの、表示 → 表示オプション → “ライブラリ”フォルダを表示

ライブラリフォルダは、非表示になっているので、これがないと、旧Macから新Macへのコピペができない。

■(7) 新しいMacで、「共有」を許可する

@新Mac
システム環境設定 → 共有 → ファイル共有

で、共有のフォルダを設定する。

@旧Macで

Finderから新Macを探して、データを移す。

MobileSyncのデータは、上記のフォルダを、コピーするのに、1時間くらいかかる。

※注意:新・旧Macともに、電源を繋いでいないと、データを引っ越し中に、スタンバイになって、やり直しになる。

■(8) iTunesのプレイリストを引っ越し

@旧Macで

プレイリストを書き出し。

@新Macで

プレイリストの読み込み。

■(9) 新MacにiPhoneを接続してみる

(1)〜(8)までの下準備をしていたので、特に問題はないようだ。

iTunesには、iPhoneのソフトもちゃんと反映されていたし。

@新Mac
新Macで、念のためフルバックアップをとった。

あと、メッセージ(意訳)「旧Macで、このiPhoneは管理されてたみたいだけど、新MacのiTunesで管理しちゃっていいよね?2台のiTunesでは管理できないんだよねぇ」みたいに言われた。

ので、「新Macだけで管理するよ」という意味で、YESと答えておいた。

■(10) iTunesの認証解除はあえてしない

WindowsXPを処分するときには、iTunesの認証を解除したけども、旧Macは、まだ家族が使うので、認証解除はしないでおいた。

関連: WindowsXPを処分するときにiTunesの認証解除を忘れずに | 774no874 

■まとめ

iTunesの移行って、はじめてだったけど、あらかじめやり方の雰囲気を調べておけば、なんとかなった。

とりあえず、このメモも、誰かの何かの参考になれば。