最終巻flat (8) を読んで泣くのよヨヨヨ


おっす!おら泣き虫!

目の下に泣きぼくろがあるからかどうかは知らないけども、物語ではすぐに泣いてしまうよ。

今回は、『flat(8)(完)』の読書感想文を書いてみるよ(゚∀゚)!

2014-03-07 16.04.13

flatを読んでいると、涙があふれてとまらなくなってしまう。

主人公の高校生平介(へいすけ)は、熱しにくく、どこまでもflatな精神。いつも、たんたんと日常を過ごしている。

一方で、そんな平介をすきな、従弟の秋。無口な彼は、一見するとflatな感情を持ち合わせていそうだが、実際はそうではなく、背中から一喜一憂を語る男の子。

その二人が、特別なにもない、いつもの日常を過ごしているだけなのに、読んでいるこちらの心をぶるんぶるんと揺さぶる。そして、その結果、涙が溢れて出てしまう。

別に、ヒロインが死ぬようなこととか、切なくなるような悲しい出来事とか、やるせないこととか起きないのに。

なんでこんなに泣いてしまうのか、自分でも、分からない。

おらは、自分のことを、冷たい人間だという自覚があるし、誰とも本音では交わらないような感じがある。

それでも、この物語には、なぜか心を動かされて、泣いてしまう。

あたかも、自分のなかに、そうした「優しい何かがあるのかも」と思ってしまうほどに、涙が流れてしまう。

この『flat』の読後感は、とにかくよい。素敵だ。素敵すぎるだろう。

と言っても、スッキリ爽快で、どこまでも駆け出したくなるような、エネルギーに満たされる!!!という感情にはならない。

そうではなくて、もっと、柔らかい気持ちになれる。

ほっと一息ついて、お菓子とお茶で、ティータイムを過ごしたかのような、そういう気持ちになる。(実際に、マンガの中にも、お菓子のシーンがたくさん出てくる)

「癒される」という言葉が、おらは嫌いなのだけど、このマンガを「癒される」と評価するのは、ちょっと違うと思う。

「癒やし」ではなく、「育む(はぐくむ)」が正解なのかもしれない。

そうした「育む何か」をみたときの、(*´ω`*)という気持ち。

感想を顔文字で逃げるなとも思うが、そういう感情。

このマンガは、うるさい子供がきらいな人にも、読んでみてほしい。

大人しい秋くんの背中からにじみ出る「何か」を、また「育む姿」を、じんわり味わってほしい。

広告