ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティーボンジャックの感想


おっす!おらファミコン世代!

はじめて触れたゲーム機は、友だちの家にあったファミコン!

親にクリスマスプレゼントでもらったのは『セガ SG-1000 II』!コレジャナイ感!

そんなファミコン世代直撃の映画『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティーボンジャック』を観てきたよ!

2014-02-28 14.08.34

★ゲームセンターCXとは?

フジテレビの『ゲームセンターCX』という、よゐこの有野課長が、レトロなゲームに挑戦する番組がある。

この映画版では、『マイティーボンジャック』というファミコンのゲームを、2006年に挑戦した様子がメインのパートだった。

すでに、『ゲームセンターCX DVD-BOX4』にも収録されていて、伝説の回として知られている挑戦だ。

が、おらは、それを見逃していた。この映画で初見だった。

★映画を見ようと思ったのは

南海キャンディーズ山里亮太のラジオ『不毛な議論』のゲストに、有野課長が映画の宣伝でやってきたのが、きっかけだ。

山里亮太は、おらと同じく、ファミコンドストレート直撃世代なので、有野課長の挑戦が懐かしく、かつ、眩しくて仕方がない。

そうして熱く語っていた二人の熱にやられて、まんまと映画館まで観に行ってしまったのだ(いいこと)。

しかし、なんていうか、有野課長は、とにかくゲームが下手だ。

下手なのに、番組ではゲームをとことんまでプレイする。

そして、いろんな人の力をかりて、または独力で、なんとかかんとかクリアする。

一方で、クリア失敗もある。

そんなゲームをプレイするだけの番組なのに、ついつい熱くなって、応援して見てしまうのだ。

★1986年という時代

この映画の中には、パートが2つに分かれている。Aパートが有野課長の挑戦だとすると、Bパートは全く別の挑戦があるのだ。

それが、1986年という時代のある中学生(ダイスケ)の物語。

マイティーボンジャックが、ちょうど発売された頃の物語。

そして、それは、おらが、まだ子どもだったころの物語。

1986年当時を思わせる小道具、エピソード、マンガの話など、どれもこれも、おらには懐かしかった。

そして、「あるあるある!」「おらもやったそれ!」となって、みていた。

ダイスケとシンクロしたり、その仲間とのやりとりを、自分もそのうちの一人のような気持ちで見ていた。

2014-02-28 16.19.46

★映画としての面白さ

おらは、映画館でみたのだけど、ラストあたりは、一体感を感じた。

どういう気持か?

「応援したい気持ち」である。

Aパートの有野課長、Bパートのダイスケ、バラバラの話がいつしかシンクロして、一体となっていく。

Aパートの有野課長は、ある場所で、多くのお客さんの前でゲームをすることになるのだけど、そのお客さんたちは、完全に応援することで「一体化」している。

そして、その様子をみている、映画館の人も一緒に「一体化」するのである。

応援する気持ちが「一体化」すると、なんとも言えない、気持ちよさがあらわれてくる。

映画館では、なんとたったの7名という、どんだけ人が来ないんだよ状態であったけど、それでも、「一体化」の気持ちは味わえた。

惜しむらくは、もう少し、多くの人が劇場に足を運んでいたら、さらに大きな「一体感のパワー」を感じたのではないかしら。

★ラストまで目が離せない

この映画は、ラストまで、全く目が離せない。

ただ、ゲームをしている、それだけなのに。

しかし、おらが注目してほしいポイントは、本当にラストのラストの終わりまで、見ていて欲しいところだ。

実は、エンディング曲が流れて、席を立った人が、劇場にはいた。

その人は、見逃しているのである。

あのシーンを。

もったいない。

この映画の面白いところは「一体化」と、もう一つ「どこまでホント?」というのがあるのだ。

Aパートは実話。Bパートは虚構。そうした物語がいつしか、AB混在してきて、どこまで実話で、どこから虚構か、わからなくなる。

それが、エンディングまで目が離せない点なのだ。

★見終わったあとのおらの行動

おらは、駅のホームで、階段をダッシュで駆け上がったよ。

そのくらいの「1986年のころのパワー」を、浴びることができる。

浴びた後は、ゲームをするでもよいし、マンガを読むでもよいし、もっと身体を動かしたくなるかもしれないし、あるいは仕事をする気が起きるかもしれない。

ただのノスタルジックな映画ではなく、それがちゃんと現代の、現実の社会にまで「つながる」一体感を与えてくれる、そんな映画かもしれない。

2014-02-28 16.19.40

生きていくことで、それはゲームオーバーじゃなく、いつでも、何回でも、コンティニューすることができるのだ。

そんな人生ゲームを、誰かが一緒になって応援してくれて、また誰かを応援したくなる、そんな気持ちになる映画なのかもしれない。

広告