ご飯を作ると気づくこと

おっす、おら名無し。
最近もっぱら、夕飯をつくることくらいしか、楽しみがないよ。

ところで、一人暮らしして、ご飯を作るようになって、気づいたことがある。
それは、何かに感謝する気持ち。

いきなり、偽善くさくなってあれなんだけど、これは、おらの本心である。

料理を自分で作らないと、料理が目の前にあって、当たり前な感じがしてしまう。
ありがたさに、気づけない。

たとえば、実家にいれば、勝手に朝昼晩と、ご飯の用意がされたりする。
その都度、両親だったり、なんだったりが、あたたかいご飯を並べてくれる。
それが本当は、どれだけありがたいことなのかには、気づけない。
おらは少なくとも、気づけてなかった。

たとえば、コンビニ弁当なら、500円でハンバーグが食べられたりする。
パンも買ってくれば、すぐ食べられる。
そんなインスタントで食をすませると、『このご飯を作ってくれた人に美味しかった!と伝えたい』気持ちには、なかなかなれない。

でもね。
自分で作ると、そうじゃない気持ちになる。
朝昼晩と、自分でご飯の支度をして、食べ終わったら、また自分で片付けて。
そんな料理をしてくれていた、今まで、気づいてなかった、作ってくれてた人に感謝する、ようになる。
おらは、なった。

また、食べ物に、ちゃんと向き合うようになる。
自分で作ったロールキャベツが美味しくできれば、キャベツ農家に感謝し、豚を育ててくれた畜産業の方に感謝する。
もちろん、キャベツそのもの、豚そのものにも、感謝する。
命に感謝する。

って、なんぞ、どこかの宗教みたくなると、アレだけど。
でも、これ、おらの本音。

ご飯を作ると、感謝するようになる。
色んな人の、色んな生き物のおかげで、ご飯が食べられてるんだなって、実感する。

最近、何かに感謝したことないな、と思う人は、ぜひ、自分で料理を作るといい。オススメする。

また、できるなら、誰かに自分で作った料理を食べてもらえたら、なお良いと思う。
食べてくれたその人は、作ったあなたに『ありがとう』『ごちそうさま』『美味しかったよ』と、感謝の言葉をかけてくれるだろう。

そうすれば、今度、自分が食べる側になったときでも、誰かに感謝する気持ちが生まれるはずだ。

そういうシンプルなことに、料理を作ると気づけるのだ。

広告