アイススケート場には「目指す人」しかいなかった件


おっす!お久しぶりのおらだよ。

引っ越した先で、ネットがいまだに開通してなくて、このブログの更新ができてないw

なんて、グチはともかく、タイトルのとおり、スケートをしてきた話をしたいと思う。

01

さて、行った場所はというと、『ダイドードリンコアイスアリーナ』というスケート場。

おらが、子供の頃に行った時には、『東伏見アイスアリーナ』と呼ばれていた場所。

どんだけブリに来たのかというと、それこそ30年ブリとか?分からないくらい前の話。

アイスアリーナ外観

最初に、目についたのは、薬屋さんの看板ね。

こんなに、目立つところに薬屋さんは無かったような気がするけど…。

あれか、スケートで滑って転んで、薬屋さんに駆け込む人が多いのか。

この右のほうへ行くと、アリーナへの入り口がある。

おらの記憶では、前は、この薬屋さんの当たりから入ったような気もするけども…。

ともかく、右の入口を目指して歩く。

本日一般滑走

あった、あった看板が出てた。

「本日一般滑走営業中」とあるけども、いつも、一般滑走があるわけでは無いみたい。

土日は、アイスホッケーの試合があったりね。

おらが行った日は、14:00〜18:00の間が、一般滑走として営業していたよ。

詳しくは、ホームページで調べてみてね。

入口

やっぱり、前に来た時には、こんな感じじゃなかった気がするわ。

急に、アリーナの入口に直結とか無かったもの。

この扉を開けると、すぐ左に受付があって、入場料とスケート靴の賃料を払うよ。

入場料 1,000円 + スケート靴 700円。

ちなみに、時間制限はないようで、一律料金らしかった。

靴を貸してもらう時も「何時までに返して下さいね」とは言われなかったもの。

スケート靴

借りた靴は、こんなスケート靴。

おらのイメージでは「フィギュア」の靴とやらを、初心者向けとして貸し出されるのかと思っていたが、そういうのじゃ無かった。

足首までカッチリしたブーツみたいな形状だったよ。

スケート靴を履いてみた

履いたらこんな感じ。紐がすごく長くて、くつの回りをグルグルっと回しているよ。

ちなみに、この下には長めの靴下を穿いている。

閑話休題。

長めの靴下を穿いて、それからスケートに行く前にいったん実家によってたの。

お昼ご飯を食べて、後片付けをしていた、その時に事件が起きた。

台所の流しのところに、なぜか黒豆が汁ごとこぼれていて、それを知らずに靴下がビシャビシャになったw

で、どうしたかというと、引っ越すときに、靴下を捨てようと思って、実家においてきたのだけど、それを穿いたのだった。

母親が、ものをさっさと捨てる人じゃなくて、助かった!

はい、閑話休題、おしまい。

あ、スケートの話はおわらないw

スケート場のなか

撮影したときは、14時のオープン直後だったので、とても空いてる感じ。

このあと、すぐに、人はちらほらと増えていった。

そして分かったこと。

おらたちには場違いだったw

おらは、妹と一緒に来たのだけど、どちらも、超初心者。

そんな初心者は、このリンクにはいないのだよ。

全ての人が、上を「目指して」練習をしている。

4歳くらいの小さな女の子から、大学生くらいの娘さんまで、みんなフィギュアスケートを「練習」している。

そう、どこもかしこも「目指している人」だらけ。

逆に、ナニも「目指していないヘラヘラしている」のは、おらたち二人だけだった。

でもでも、楽しいのだ!

おらは、よちよち歩きでスタートした。

妹は、それこそおらと同じくらいに久しぶりのはずなのに、いきなりスイーと滑って、おらをおいてどんどん滑りやがってるしw

おらは、なんとか1周を無事にまわれた。

妹に聞くと、すでに2回、転んだという。

妹は、滑り出す前に「スケートで転ばないと思う」と豪語していたけど、やっぱりそりゃ、転ぶよね。

おらは、そのまま2周めに突入する。

また、なんとか、ゆっくり回って、2周めのゴールにとどいた。

瞬間、ド派手にすっ転んだ!w

左の足の先がひっかかり、ずべしゃーっと前のめりに転んだ。

首からケータイをぶら下げていたけど、壊れなくて良かったw

胸まで氷にくっつくくらいに派手に転んだのに、壊れなくてセフセフ。

しかし、転ぶのなんて関係ないくらい、楽しい!

そのまま7周くらいして、ひと息入れて、またぐるぐる回った。

とにかく、スケートで止まる練習をするようにしてた。

滑るのも楽しいけど、止まれないと危ないしね。

なんとか、かんとか、止まれるようになったので、今日の目標は達成したよ。

まわりを「目指している」女の子たちがスイスイ滑るのをみてると、口からでるのは「すげえ!」と「わけわからんw」だったな。

それと、ひと月分の「あぶねぇ」と「やべぇ」を連呼していた。

そんな感じで90分ほど滑ったところで、ギブアップ。

時間

だいぶヘロヘロになったけど、かなり楽しかったなぁ。

本当にスケートって、普段の日常と違うね。

4歳くらいの女の子に超スピードで追い抜かれるとか。

中高生くらいの女の子が回転ジャンプしたり、Y字バランスしてたり、とか。

ある意味では、非日常シーンの連続でね。

最後におまけ。

笑われ男

「笑い男」ならぬ「笑われ男」。

これは、靴を脱ぐ準備をしていたときに、記念に撮影しておこうと、妹に撮ってもらった一枚。

だから、素手だけど、リンクを滑るときには必ず手袋をすること。

あと、自信のない人は、ヘルメットも無料で貸してもらうことができるよ。

って、このスケートリンクには、「目指している人」しかイなかったけどねw

広告