座右の銘を決定した!


先日、「座右の銘を考えたい」というエントリーを書いたけど、ようやく、座右の銘が決定した。

座右の銘:色即是空空即是色

意味:…はヒトコトでは言い表わせないなぁw

般若心経

話は突然かわるが、おらは、西遊記が好きだ。

西遊記には、孫悟空という猿の妖怪、豚の猪八戒、河童(ではないのだけど)沙悟浄、そして三蔵法師というキャラが出てくる。

彼らが、お経を天竺までもらいに行く旅が、西遊記のメインストーリーだ。

そして、このおらの「色即是空空即是色」という言葉は、三蔵法師こと玄奘三蔵が、実際にインドから持ち帰ったお経である『般若心経』の一節だ。

般若心経との出会いは、柳澤桂子『生きて死ぬ智慧』が、がっつりハマったきっかけだった。

以前に、般若心経のことをエントリーで書いたこともあったね。

般若心経は、明快な仏教の根本的な教えである。

いまは、おらの心の支えになっている。

そう考えたら、座右の銘を悩む必要なんて、はなから無かったのかもしれない。

ニーチェの言葉も、おもしろいものが多いけど、それすら般若心経には含まれているような気がするのよね。

というわけで、「色即是空空即是色(本当は般若心経まるごと)」を、座右の銘と決定したのだった。

写真素材:足成

広告