手島優といっぱいあってな


タイトルは、ルドルフとイッパイアッテナ、から。

先日、ロンハーで、「自分がわからない」みたいなことを言ってたのは、手島優だったかな?

タレントは、その場面場面、番組ごとに「求められるキャラクター」がたくさんあって、その都度「空気を読んであわせて(キャラをつくって)」いかないとイケない。

そうしていくと、だんだんと、自分がなくなっていき、「本当の自分がどういうものかわからない」という話。

番組内では、手島優が「痛いキャラ」とか「あたまがオカシイ」みたいな扱われ方をしていたけども、そうじゃないんだよね。

先日読んだ、よりみちパン!セの『きみがモテれば、社会は変わる。』で、同じような事が書いてあって、おらは気づいたけど…。

現代の社会は、そうやって「相手にあわせて」いくことで、世渡りするのにあわせようとするほど、その場面ごとの自分を作ることになり。

そうして対応していると、本当の自分というのはなくなってしまうらしい。

ぞっとする話だ。

広告