2

座右の銘を考えたい

会社で「座右の銘はなにか?」という話題になった。

おらは、ぱっと思い浮かばず。

上司は『清濁併せ呑む』に似たような、坂本龍馬が言ったとされるなにか逸話をしていた。

忘れたけどw

他の人では『一期一会』とかね。

ぜんぜん覚え浮かばないんだけど。

父親にも聞いてみたら、若い時には『不言実行』だったらしい。

でも、言わないで一人でやってると、やってもらった人も気づかないということもあるので、そうじゃないなってなったらしい。

何か、これだ!という言葉が見つかったら、φ(・ω・ )メモっておこう。

広告

引越し近況

いま、一人暮らしの準備をしている。

住む場所は、ほぼ決まった。

ほぼ、というのは、不動産屋さんの中間手数料は支払った。

元の不動産屋さんへは、今週の7月26日(金)に、正式契約&家賃を支払う。

7月27日(土)に、引越し業者が、現状を下見に来る。

という流れだ。

8月16日(金)より、部屋はおれが借りることになっており、事前準備期間。

実際に引っ越すのは、8月23日(金)の午後の予定。

引越し先は、近しい人にはあとでご連絡ってことで。

いま、ほしい物リストも作っているが、自転車もほしいと思っている。

その前に、正式契約のときに、聞きたいことをちゃんと聞けるようにリストにしておかないとだな。

子供のころ「日本国憲法前文」を暗記させられた

おらは、小学生のころと、中学生のころの二回、憲法の前文を暗記させられた。

忘れている分もあったけどもw

日本国憲法前文 – Wikipediahttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E5%89%8D%E6%96%87

>>

前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

<<

全力をあげなきゃ、だめってことで。

おらは戦争反対なんだ。

戦争したくて憲法を改正しようと企む、現政権の与党(自公民)には、NOと言いたい。

そして、7月21日は、選挙に行こうぜ!

おらはもう済ませたが、7月21日が都合わるい人は、早めに行こうぜ!

悩み多き人生をみること

Twitterで、悩んでいる人のツイートをみるのが、すき。

嫌な趣味だな。

とおもわれるかもしれないが。

Trouble_ Go away and Stay away!
By Trizzie Ha

いろんな人が、いろんなことに悩んでいる。

体調がすぐれない人。

心配事がつきない人。

仕事がうまくいってない人。

恋愛話で煮詰まっている人。

子育てに疲れている人。

ダイエットが進まない人。

たくさんの人に、それぞれ別の、たくさんの悩みがある。

そうした悩みは、自力で何とかする人もいるだろうし、誰かに相談することもあるだろう。

おらには、「解決までの道のり」は見えない。

見えないけども、「決断する瞬間」をかいま見えるときがある。

悩みをツイートする人は、同じように、「決断する瞬間」もツイートするときがある。

その人が決めたことは、よくもわるくも、その人の「答え」だと思う。

そうした「答えをだした人」を目にする時が、おらは、とてもワクワクする。

悩みがたくさんあるということは、悩みの数だけ「答え」があるということでもあるのかな、とも思う。

「えーい!こんちくしょー!」と思いながらも、なにかしらの「答え」を見つけながら、人は生きている。

そこが面白い。

おらの場合、相談事を持ち込まれることは、まあ、ほぼほぼ無いので、とかく「客観的なツイート」なのだけども。

これが、もしも、その「答え」に近づくために、少しでも「相談されたこと」がだったとしたら、もっともっと応援したくなるんだろうか。

きっと、そうだろうな。

おらには、直接的には関係ないかもしれない「悩みのツイート」を読みつつ、おらはそっと応援しているよ。

(草葉の陰から←)