犬を殺すしか!と思った瞬間


あなたは、犬を殺すしか!と思ったことはあるだろうか?

おらは、今朝の出勤中に、そう思った。

理由はこうだ。

出勤するため家を5:45に出て、歩いて20mほど行った曲がり角を、右へ曲がった。

その瞬間、おらが歩いてきた後方より、犬が猛然と飛びかかってきて、牙をむいて、吠えたててきたのだ!

おらは、「うわああぁあ!!」と悲鳴にちかい声をあげた。

まさか、後ろから犬が飛びかかってくるなんて、思いもしなかったからだ。

犬の種類は、ゴールデンレトリーバーで、首輪はしていない。飼い主の姿もない。

ゴールデンレトリーバーは、よく「おりこうな犬」として、雑誌やテレビでも紹介されている。

おらも、普段なら、犬のことを「わんわんお」と、親密な気持ちをこめて呼ぶくらいで、好きか嫌いかで言えば、好きである。

しかし、今朝は、この犬に対して、「かわいい」などとは微塵も思わず、とにかく恐怖しかなかった。

犬、というより、一頭の「獣」だった。

そして、おらのスイッチが入った。

牙を剥いて吠えまくる一頭の「獣」に対して、日常生活では、まるで縁のない「闘争本能」が、むりやり着火された。

やられる前に、殺らなければ!』と、おらのなかで、野生が目覚めた。

大げさではなく、そういう感情が湧いたのだ。

自分の生命の危機から、逃れるためには、目の前の犬を殺すしかない!そう思ったのだ。

その時、ちょうど、雨が降っていたので、おらは傘を持っていた。

その広げていた傘で、犬を追い払おうと、振り回し続けた。

そのうち、犬はもときた道へ戻っていった。

この間、家を出てから2分といったところだ。

おらの心臓はバクバクだった。

犬が去って「ほっとした」のとともに、猛烈な怒りが湧いてきた。

犬に対しては「殺す」と思ったくらいの怒りもあったし、なによりも首輪も付けずに、大型の犬を話した飼い主に対して、同様に強い怒りを覚えた。

そして、いくらペットと言っても、首輪のない犬は、まさしく「獣」なのだと感じた。

犬、マジこええよ、犬。

広告