過剰包装すぎるグミについて


おっす!おらグミっこ!

最近、グミをくちゃくちゃするのがすきなんだ。

動画でグミの咀嚼音ばっかり聞いてるから、洗脳されたのかもしれないがw

今日、HARIBOのグミを選んだ理由は、「味」ではなくて「包装」だった。

HARIBO GOLDBAREN

このHARIBOのグミの値段は、おらの行くスーパーでは、210円だった。

その同じ棚には、他に日本のメーカーのグミもならんでいて、そっちは100円だった。

パッケージをみると、あきらかに、日本のメーカーのグミの方が大きい。

「HARIBOって割高なグミなんだな」と思ったおらは、日本のメーカーのグミを買おうと、手を伸ばした。

容量をみてみると日本のメーカーのは、50gで、100円だった。

念のため、HARIBOをみてみると、100gで、210円だった。

簡単な算数だけど、どちらも、ほぼ同じ値段だったっていうこと。

でも、まてよ、日本のメーカーのグミは、容量は少ないのに、パッケージはHARIBOのグミより大きかったよ?

すなわち、過剰包装である。

割合から言ったら、日本のメーカーのグミは、HARIBOの半分のパッケージでもいいってことになる。

でも、HARIBOよりも大きいパッケージってことは、それは「グミ」ではなく「空気を売っている」のと変わりない。

よく、家庭のゴミを削減しようとかいうけども、メーカーがこれだけ無駄なパッケージの商品を作っておいて、よく言うわって。

むしろ、今後、こういう余計な包装はやめるべきだと思うのよね。

グミに限らずだけど、お菓子のパッケージなんて、ひどいの多いよ?

たとえば、ポテトチップスの袋。

中身は、袋の半分どころか、4分の1くらいしか入ってないのに、大きな袋に入ってるもの。

あと、ひどいのが、値上げするときに、中身をごっそり減らしているっていうのがある。

パッケージは見た目、変わらないままで、中身だけごっそり減らしているっていうのね。

そりゃ、たしかに、容量を見れば数字は書いてあるから減量したのも分かるけど、それならパッケージを小さくしようよ。

普通に考えたら、パッケージデザインが同じだったら、容量も同じだと思うよね。

いっそ、ダイエット商品としてリニューアルしました!って、容量が今までの半分なので、カロリーも半分!とかさ。

広告