クールビズ以前の夏の思い出


日本のクールビズが、いつまでたっても中途半端な感じがするのはナゼなんだぜ?

日本の政府が「クールビズ」と言い出したのは、2005年の頃からだという。

おらが、新卒として社会人デビューしたころには、日本にクールビズというモノはまだ無かった。

当時、夏でもスーツが、サラリーマンの基本の服装だった。

客先に行く時はスーツで外出して、自社にもどると上着をぬいで、クーラーガンガンの室内で涼む、というのが日常の光景だった。

室内で、事務職している女性のみなさんは、相当に寒かったみたいだ。

外出から戻ってきて「暑い暑い」という男性たちの感じる快適な温度は、かなり強めにクーラーを冷やしていたと思う。

◆スーツをぬぐということ

おらは、スーツは基本的に苦手であり、できることなら着たくない。

しかし、同時に「スーツの上だけぬぐ」という格好が、どうにも好きになれない。

美的センスの問題なのだが、スーツの上だけ脱いで、ワイシャツだけの姿はカッコ悪い、と思う。

最初から、ポロシャツや、Tシャツなら、全く問題ないし、むしろ、おらは、その格好が好きだ。

でも、スーツは、違う。

スーツは、鎧のようなモノだと思っているので、上だけ脱ぐのが、どうしても格好悪いとみえてしまう。

◆新卒の思い出

新卒だったおらが、先輩サラリーマンについて、営業に行った時のことだ。

その人は、夏でも、外出先ではスーツを脱がなかった。

おらには、それがカッコよく見えた。

まあ、その人も、自社に戻ったときには、スーツの上だけ脱いでいたのだけども。

おらは、その先輩をマネすることにした。

当時、夏でもずっとスーツを脱がなかった。

客先はもちろんのこと、自社にもどり、自席で仕事をするときも、スーツを脱がなかった。

まわりからは「変わってるな」と言われてたが、それでもスーツを脱がなかった。

スーツを脱ぐのは、家に戻ってからだ。

家に戻ったら、Tシャツに短パンだ。

そのくらい、涼しいカッコをするのが好きだ。

でも、やっぱり仕事の時は、スーツを上下きっちり着ていた。

仕事のオンとオフを、服装で調整していた、ようなものだ。

◆現在のクールビズ

クールビズは、2013年の日本には、やっぱり必要だと思う。

28度に設定された室内で、スーツ姿で過ごすのは、さすがに暑い。

でも、クールビズの定義はとてもあいまいで、「こういう格好がザ・クールビズだ」というのが、わかんないのも事実だ。

そして、クールビズがあいまいなのにもかかわらず、今度は「スーパークールビズ」なるものも登場し、さらに、事態は混乱している。

スーパークールビズだと、ポロシャツもOKだし、アロハももちろんOKだし、チノ・パンでも、スニーカーでもいいらしい。

ひょっとすると、タンクトップや、ビーチサンダルや、浴衣や、ふんどし一丁でも、大丈夫かもしれない。

おらは、今の会社にきて、初めてのクールビズ期間に突入したのだが、いまだに夏用スーツの上下で出勤している。

チノパンはセーフなのか、ポロシャツはアウトなのか、よくわかんないというのもあるし。

こうして、本日もスーツで出勤してきた。

しかし、そんなおらでも、土日出勤の時には、ジーンズにジャケットだったりするのよね。

お客様に会うワケではないので、そんなカジュアルな格好で出社しても、特に構わないんだ。

(*´艸`*)ムフフ

そういえば、金曜はカジュアルファッションでよいという風潮(?)が、以前にはあったと思うのだけど、最近全く聞かないな。

あれはどうなったんだろう?

広告

クールビズ以前の夏の思い出」への2件のフィードバック

  1. 現在はカジュアルな格好で出社するようになったので最近のクールビズは
    知らなかったのですが、スーパークールビズまで進化してたんですね。
    個人的にはシンプルさの美学の方が好きですが、いろいろな美学がありますよね。
    美学を忘れて風潮に乗らされるだけは勘弁したいですね。

    • mochaさんコメントありがと(゚∀゚)
      スーパークールビズは、3.11以降に、電力不足からのエアコンの制限が起因して、できたモノらしいですね。
      カジュアルなスタイルは、夏は楽そうですね。
      個人的には、ポロシャツで出社できたら、ありがたいんだけどなぁ。

コメントは受け付けていません。