裁判所へ行こう


と思って、先日、裁判所に行ってきた。

裁判所へ行くのははじめて。

被告人でも、原告でもなく、たんなる見学者として裁判を傍聴してきたので、そのことについてまとめてみる。

naruhodo2

◆裁判へ行くきっかけ

もともと、裁判には興味があった。

ゲームでは、逆転裁判シリーズが好きだし、映画では『12人の優しい日本人』をみたり、書籍では、よりみちパン!セ『気分はもう、裁判長』を読んだりしていた。

それとは別に、Nisshi.inで、裁判のことを書いていた人がいて、その文を読んで刺激を受けて、足を運んでみたしだい。

◆裁判所へ入ってみよう

裁判所は平日の午前と午後にわかれてやっているのは知っていた。

当日は、新橋でお昼を食べてから、午後一番の裁判を傍聴することにした。

最初、東京の家庭裁判所へ行ったのだけど、当日は公判が無く、東京高裁へと案内された。

デジカメの持ち込みがNGなのは知っていたのだけど、普段からデジカメを持ち歩いているので、その日も持っていた。

飛行機の搭乗チェックのような場所があり、金属物をだしたり、カバンを検査機にかけたりする。

その場所で「デジカメ持ってきてしまったんですが、預けるんでしょうか?」と聞いたところ、ガードマン(?)の女性は「カバンから出さなければいいですよ」とのことで、通してもらえた。

もちろん、撮影は一切していないので、この記事には写真がない。

◆傍聴してみよう

東京高裁へ入ると、受付のカウンターがあり、そこに本日の裁判のリストがバインダーにとじられている。

それを自由に見ることができ、裁判を傍聴できる。

某NTTの文字がみえたので、そこへ行ってみることにした。

傍聴席にはいるときは、傍聴の心得のようなものが掲示されていて、寝ちゃダメとか、うるさくしないとか、書かれている。

緊張しながら、扉を開けると、立ち見が出るほどの大盛況。いや、裁判の傍聴で、大盛況って言って良いのかわからないけど。

時間的には、裁判がはじまったばかり。おらが入る数分前からスタートしてた。

が、裁判長はなにやら、次回の裁判の日程を決めはじめた。今日は、証拠を受理して、日程を決めただけみたい。

肩すかしをくらったようだが、おれの、最初の裁判の傍聴はこうして数分で終わった。

◆わいせつ罪の裁判を傍聴する

その後に、わいせつ罪の裁判を傍聴してみた。

こっちは、中国人のマッサージ士が、女性客にマッサージをしていたところ、むらむらして、えろいことをしたという罪。

逆転裁判のような、裁判長が木槌でカン!ってやることもないし、成歩堂くんのような弁護士が「異議ありっ!」て叫ぶシーンもないし、検察官が鞭を振り回すこともない。

裁判長はひげをたくわえてつるっぱげ、ではなく、若い女性の裁判官で、30代になるかならないかくらいに見えた。

その裁判官の進行のもと、たんたんと、犯行の状況を確認していく弁護士。

わいせつに及ぶまでの話はながく、被告人が日本に暮らし始めるところから、職を転々とする話やら、ずっと続いた。

裁判は、おらにとっては、「非日常」の世界だが、裁判官や検察や弁護士は、いつもの「日常」なんだろうなというのが、なにか、ゾッとした。

また、聞いているウチに、事情を説明している被告人と、なんだか気持ちがシンクロしてくるような感じがして、これまた、ゾッとした。

おらが、その場面にいて、同じように女性をマッサージしてて、むらむらしたら、犯罪をおこすのだろうかと…。

おらは、ずっとずっとメモしていた。速記の書記官と同じようにメモしていたのは、おらだけだった。眠っている人もいたし(居眠りは禁止なのに)。

おらが、裁判の被告人になるか、原告になるか、または陪審員になるかは分からないが、できることなら、この空間にはあまりきたくないと思った。

今回のように、傍聴人としての裁判所と、実際に当事者になったときとは、まるで違って見えるんだろうなと、想像した。

裁判所は、人生の色んな人が交差している場所だ。

この時の裁判所に行ったときのメモを、また読み返すときに、それを思い返すのだろう。

◆裁判所へ行こう

だれにでも裁判所の陪審員になる可能性のある昨今、一度は裁判所へ行ってみるのをすすめたい。

そして、もしかしたら、陪審員制度を見なおしてほしくなるかもしれない。

おらは、人が人を裁くって、素人が判断するのは、なかなか難しいのではないかと思えた。

本だけでは分からないものを体験したことは、よい体験だったと思う。

広告