完結していないマンガの二次展開で萎える

おっす!おらマンガマニアで、掃除にハマっているモノ!

最近、週末になると、ばんばん、マンガを古本屋にもっていって、二束三文で売ってるんだ。

それで、おらが「途中で買うのを飽きちゃった」マンガについて、思うところをメモっておく。

yawning_is_contagious_640_19

◆結論:完結していないマンガの二次展開で萎える

うん、タイトルのまんま。

まだ、完結してないマンガを、人気のある内にアニメや、ドラマにするのがよくあるけど、それでおらはガッツリ萎えてしまう。

二次展開した作品をみて、その内容で原作がきらいになったり、飽きたりするわけではない。

アニメ化・ドラマ化された時点で、二次展開された作品は見てないのにもかかわらず、原作に飽きてしまうのだ。

例外もある。

おらのヨメこと『ケメコデラックス!』については、原作も好きだし、アニメ化されたモノも好きだし、原作も最後まできっちり読んでいた。

でも、ほぼほぼ、他の作品では、アニメ化されたり、ドラマ化されると、それで飽きちゃう。

なんでだろ?どういう心理なんだろ?

『それでも町は廻っている』も『鈴木先生』も『魔乳秘剣帖』も『SKET DANCE』も『ちはやふる』も、「ここから佳境!」とか「アニメ化されて勢いのって!」みたいな場面で、きゅうにぱったり買わなくなってる…。

あの『侵略!イカ娘』さえもなんだよね。

まあ、その分、また新しいマンガを読んでいるので、マンガの量は減ってないんだけどね。

ヤタ━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━!!!!

広告