ペンネームは匿名なのか?


おっす!おら774。

774と書いて、名無し!

この前、指摘された「ペンネームなら、それ匿名って言うんだよ。」について、すこしだけ考えてみたりしたりした。

◆匿名ってなんじゃ?

Wikipediaによると、

匿名(とくめい)とは、何らかの行動をとった人物が誰であるのかがわからない状態を指す。自分の実名・正体を明かさないことを目的とする。

各人の匿名性を保証することにより、各人のプライバシーが保護できるという利点がある一方で、匿名であるのをよい事に悪事を行われかねないという欠点がある。

匿名 – Wikipedia

とあった。

「匿名」を使いたいと時ってどんなシチュなんだろう?

…と考えてみると「自分がする発言・または行動によって、その影響が自分に返ってこないように、自分の名前を隠して発言・行動したい」ときに「匿名」を使うんだろう。

匿名の電話で、通報するときもそうだし。

匿名の寄付金だって、そうだろうし。

今後の自分に影響は極力ふりかからないように、でも「発言・行動はしたい」ってときに、匿名をつかうんだろうと思う。

◆ペンネームってなんじゃ?

またもWikipediaから抜粋してみると…

ペンネーム(pen name)は、小説や批評などの文章、漫画作品などを発表する際に使用される、本名以外の名のこと。筆名ともいう。物語作品などに比べて珍しいが、実用書や論文などでも見られる。

ジャンルや作風によって複数のペンネームを使い分けることがある。

自分が女性であることをあまり公にしたくない場合、男性風もしく中性的な(男・女どちらでも違和感のない)ペンネームを付けて活動する場合(後略)

ペンネーム – Wikipedia

とあった。

この解説をよむ限り「匿名性」というよりも、自分ですきな名前をつけて活動したい、って時に使うんじゃないかしら?

そもそも、おらのネットで使ってる名前は、ペンネームではなくて「ハンドルネーム」なんだろうけど、それにしても「匿名」とはちょっと違うんだと思う。

◆コメントを匿名でしたいとき

誰かのブログでコメントをするときに、匿名を使うのは、そもそも「(このコメントによって)コミュニケーションする気はないですけども」という前提が、見え隠れする。気がする。

もしも、コメントする本人が、そういう気持ちでないとしても、ブログを作ってる方の立場から言わせてもらえば、やはり「匿名」っていう時点で、かなりの「壁」を感じるなぁ…。

あえて強い言い方するなら「匿名で言いっぱなし」したいのかな、と。

逆に、おらが誰かのところにコメントするときには、基本的にいつも同じ名前でコメントしている。

確かに、実社会(オフライン)での名前と、ネット上(オンライン)での名前とは、たしかに無関係ではあるけども。

ネット上で、数年間つかってきた名前という意味では、「匿名性」はあまりないんじゃないかなぁと。

もし「はじめまして」の相手に、話を聞いてもらいたい(=コミュニケーションとりたい)というのであれば、「匿名」からスタートするのは、かなり遠回りな気がする。

相手は「匿名」というだけで、身構える、かもしれないじゃない。

「ひとのフリみてわがフリなおせ」じゃないけど、おれも誰かとコミュニケーションとりたいときには、「匿名」は使わないようにしようっと。

広告