エビのアレルギーが急に治った話


おっす!オラ、アレルギーっこ!

エビやカニなどを食べるとアレルギーがでる体質だったよ!

でも、急に治ったみたいなので、それをメモっておくよ。


(引用:楽しいキッチン たっぷりのエビフライ

◆アレルギーの内容

オラがアレルギーになる食べ物のリストは、こんな感じ。

数字が若いほど、アレルギーの症状がすぐにでたり、確実にでたりするもの。

  1. カニ:唇が痒くなる。のどがイガイガする。
  2. エビ:唇が痒くなる。
  3. イカ:食べた後に違和感があるときがある。
  4. 貝類:あまりでないが、場合によっては、唇に違和感がある。
  5. たこ:ほぼ大丈夫。

中学くらいのときに、これらのアレルギーだと気づいた。

それより幼い頃は、エビフライも食べていたし、母親の田舎からカニが送られてきたのを食べたりもしてたよ。

でも、中学になったころからは、もうアレルギーが気になって、食べらんなくなった。

特に、カニとエビは、食べるとほぼ100%の確率で、唇が痒くなったりするので、基本的にNGだった。

◆突然にアレルギーが改善された?

そんなオラのアレルギーの症状が、急に改善されたみたいなのだ。

「みたい」というのは、まだ確実かどうかが分からないからだ。

しかし、ここ1〜2ヶ月ばかりをみてみると、オラのアレルギーが改善されたように思えるのだ。

先週の金曜の夜(11/16)に、会社の飲み会があったのだが、そこで中華料理の定番である「エビチリ」が出された。

普段なら、一匹エビを食べただけでも、すぐに唇が痒くなる。

が、しかし、この時は、いくら「エビチリ」を食べても、痒くならなかったのだ!

この「エビチリ」に限らず、最近は家で出されたエビ料理も、何度か食べてみてるのだが、どうもアレルギーの症状がでないっぽい。

少なくてもアレルギーが改善されているのは確かなようだ。

◆アレルギーが改善された理由

正直なところ、オラの身体に何が起きたのかは、よく分からない。

可能性の話だが、痩せたことがよかったのかもしれない。

「かもしれない」としか言いようがないが、オラは以前にくらべて20キロくらい痩せたので、身体のなかで何かが変わっている可能性もある。

また、オラのうっすらした記憶によると、アレルギーの反応するときにIgE抗体とか肥満細胞が影響していると聞いたことがある。

これも、すごく憶測でしかないんだけど、もしかしたら、肥満細胞の活動が、以前にくらべて弱まったのかもしれないな。

ちなみに、肥満細胞の数は増減するのではなく、大きくなったり小さくなったりする、というコトだったと思う。

まだまだ、様子見だけどね。

もしもエビをぜんぜん問題なく食べられるようになったのなら、エビフライを食べてみたい。

レストランで出るような大きなエビフライではなくて、家で作るような小さなエビフライを、ちょっと多めに食べてみたいなぁ。

広告