WordPressのタグと読書メーターの本棚について


おっす!オラ弱小ブロガー!

タイトルのとおり、WordPressのタグについて考えてみつつ、読書メーターの本棚についても、ちらっと見直してみるエントリーだよ。

オラのブログは、ブログのスタート時点から、カテゴリーは15種類に固定にしているので、そこはスッキリしている。

けど、タグについては、なんとなくの「ふんいき」で使い出したので、わけが分からなくなってきた。

そこで、現状をいちど見つめておこうと思う。

◆WordPressでのタグ一覧

今日、現在の、オラのブログのタグ一覧は、こんな感じ。

  1. Aspire one
  2. あたしンち
  3. いぬ
  4. うんこ
  5. おっぱい
  6. お買い物
  7. ぬこ
  8. ほぼ日手帳
  9. ぽっちゃり
  10. アニメ&マンガ
  11. アンチウィルス
  12. エコ
  13. クイズ
  14. グルメ
  15. ゲーム
  16. コンテスト
  17. サイエンス
  18. ジョジョの奇妙な冒険
  19. スポーツ
  20. ソフトウェア
  21. ゾッとする話
  22. ダイエット
  23. テレビ
  24. ニコニコ
  25. ノスタルジア
  26. ファッション
  27. フォト蔵
  28. ヘッドフォン
  29. ポッドキャスト
  30. モンスターなんちゃら
  31. ○○系女子
  32. 無線LAN
  33. 美術
  34. Dropbox
  35. Evernote
  36. 自転車
  37. 鉄道
  38. 音楽
  39. 風景写真
  40. 診断や占い
  41. 麺類
  42. Gmail
  43. Google
  44. Google Chrome
  45. iPad
  46. iPod
  47. iTunes
  48. logpi
  49. Mac
  50. MacBook Air
  51. NasNavigator
  52. PC周辺機器
  53. SF
  54. Time Machine
  55. Tumblr
  56. wassr
  57. Windows XP
  58. work
  59. 健康
  60. 初音ミク
  61. 動画紹介
  62. 原発
  63. 哲学
  64. 囲碁
  65. 士郎正宗
  66. 宇宙
  67. 宗教
  68. 掃除
  69. 攻殻機動隊
  70. 日本代表
  71. 柳原可奈子
  72. 気象

ちなみに、オラの環境では、タグクラウドとして表示されるのは「47種類」となっている。

上記の72種類のタグのすべてが、タグクラウドに表示されているワケではないみたいだ。

また、オラがつくったタグは、本当に適当に作ってきたので、これが適切な数なのか、多すぎるのかは、まだ判断できない。

◆読書メーターの本棚

タグの種類が多いのかどうかを比較するために、オラの使ってる他のサービスをみなおしてみる。

そこで、読書メーターの「本棚」機能を考えてみたい。

これも、利用者自身が、自由に作れるものなので、ブログの「カテゴリー」や「タグ」と、似た使い方ができる。

オラの本棚の一覧は、こんな感じ。

  1. マンガ
  2. 図書館
  3. 処分
  4. ノウハウ
  5. R18
  6. 西遊記
  7. 美術
  8. エッセー
  9. 社会
  10. 趣味
  11. 歴史
  12. グルメ
  13. 絵本
  14. 写真集
  15. ガイドブック
  16. 宗教
  17. 健康
  18. 生物
  19. コンピュータ
  20. 哲学
  21. 科学
  22. 経済
  23. 小説
  24. セックス
  25. 政治
  26. 医学
  27. 芸能
  28. 建築
  29. 法律
  30. 映画
  31. 英語
  32. 雑誌
  33. 占い

セックスとR18が似たようなものといえば似ているのだけど、ちょっと違う。

違いは、『R18』は「成人指定」のエロ本やエロマンガで、『セックス』はR18指定ではないがセックスをテーマにした本。

◆WordPressでのタグの整理をするか?

タグを整理して、まとめようとすれば、たとえば「Mac」と「MacBook Air」はひとつにまとめられる。

「iPod」と「iPad」もまとめられそうだし、「Google」と「Google Chrome」もまとめられそうだ。

でも、いまはまだ、それをしない。

もっと、混乱してきてからで、いいのかもしれないと思っているからだ。

様子を見て、増やしたり、減らしたり、タグの付け方を考えてみたい。

なお、タグを減らすのは簡単だけど、いちどまとめてしまうと、「やっぱり元に戻したい!」ってときにめんどくさそうなのよね。

広告