スーツのアーマー力の安心感


おっす!オラホモサピエンス!

ホモサピエンスなので、しぶしぶ服を着るわけだけど、そんななか「スーツのアーマー力」について考えてみた。

◆服のアーマー力

まず、これは「あーまーりょく」と読む。

違う言い方をすれば、「防御力」といえるかな。

よく、RPGなどやゲームの世界では、身につける装備に「防御力」という値が設定されている。

それが大きい値であればあるほど、ゲームを有利にすすめることができるのだ。

でも、そうしたゲームの世界では、「スーツ」が登場することはないね。

現実世界に近いものだと「布の服」がせいぜいかな。

ゲームの世界で、それより上の防御力を求めると「皮の鎧」などになる。

ゲームの左傾では、「スーツのアーマー力」は軽視されている。

◆スーツのアーマー力の安心感

ゲームの世界では、ほぼ見向きもされない「スーツのアーマー力」だけど、こと現実世界では、ちょっとバカにできない。

いや、むしろ、最強の鎧に近いものかもしれない。

オラは、最近まで無職だったワケだけど、スーツを着るだけでも、ちょっと強くなった気がするのよ。

たとえば、無職のオラが、平日の昼間っから街(町)をうろうろしていたとする。

オラが働いてないという負い目を感じてたから、かもしれないが、「スーツで出歩く」のと、「普段着で出歩く」のとでは、ぜんぜん違うのよね。

なにか「安心感」が違うのよね。

たとえば、会社の面接のために、スーツを着て、電車にのって、街を歩いて、みたいなシチュエーションでも、スーツを着てると、なんだか「安心」だったりする。

最弱の「布の服」と同じ素材でありながら、「スーツのアーマー力」は、ちょっとバカにできない。

◆スーツの偽る力

スーツを着ていると、それだけで「ちゃんとしている身なり」を装うことができるんだよね。

「ちゃんと働いてますよ」「ちゃんと給料もらってますよ」「ニートじゃないですよ」みたいな顔をすることができるっていう。

そういう免罪符的な役割すら、スーツは持っている。

ある種の「仮面」みたいなモノかもしれない。

このスーツは、着ている側からしても安心なのだが、スーツを見ている人にも安心感を与えたりする。

よく聞く話で、泥棒が街中を歩くときの格好で、一番多いのはスーツだという。

泥棒ファッションとして「頭に風呂敷をほおかむりして」いるイメージがあるが、あれはファンタジーの世界だ。

あんな姿の泥棒はめったにない。

そんな姿だったら「私は泥棒ですよ」と宣伝しているようなもので、一発でまわりの人から不審者として見られてしまう。

しかし、スーツを着ていれば、それだけで、まわりの環境にも溶け込める。

たとえ、昼間から住宅街をぶらぶら歩いていても、まわりからは「仕事の人だろう」くらいに思われる。

ほら、ルパン三世みたいな大泥棒だって、泥棒ファッションではなくて、スーツに近い服を着てるでしょ?(石川五ェ門は袴だけど)

◆スーツを脱ぐ瞬間

オラは、めでたく仕事につくことができ、またスーツを着て出歩くことになった。

スーツを着ない仕事をしていた時には、スーツを着るのが苦手だったが、今はスーツを着て出勤するのが日常だ。

スーツを着ているのが「仕事ON」状態。

仕事をするときには、スーツのアーマー力+「安心感」を身にまとう。

一方で、スーツを脱ぐのが「仕事OFF」状態。

スーツのアーマー力を脱ぐことで−「緊張感」も、一緒にオフにするという感じ。

女性が好きな、男性の仕草として、「スーツ姿でネクタイをゆるめる」というのがあるが、仕事のONとOFFの境目が見えるのが、楽しいのかしらね。

さて、それじゃあ、これからスーツに着替えて、仕事に行きますか!

『ハンサム☆スーツ』は持ってないけどもね☆

広告

スーツのアーマー力の安心感」への2件のフィードバック

  1. デパガ時代は休日が平日だったから、
    タリーズの店員にですら「平日にのほほんと茶してる無職のクズが!!!」とか思われてるんだろうなー
    というプレイを楽しんでた

    ところで、あーまーかって何?オラー力みたいなもん?

    • おお!そういえばハルキチは平日おやすみだったな。
      そして「無職と思われてるだろうな」と思ってたのかw

      ま、タリーズよりも、ほら、ハルキチは平日の昼間っから飲んでるイメージがあるよw

      「あーまーか」じゃなくて「あーまーりょく」ってふりがなフッタのに!
      というマジレスw
      というか「オラーカ」ってなんじゃら?

コメントは受け付けていません。