アップルシード・サーティーン(1)の感想とかなんとか


おっす!オラマンガマニア!

今回は、マンガ『アップルシード・サーティーン(1)』の感想だよ!(※ネタバレ注意)

このマンガは偶然に本屋さんでみかけて購入した。

もともと、士郎正宗がかいてた頃の原作『アップルシード』のファンだったので、この二次的マンガに手がのびた。

また、購入にさいして、「原作を知っている」以外であとおししたのは、鬼頭莫宏の推薦文だ。

すなわち、“「ステキメカ!!」「コンピューターでのモデリングや写真トレスじゃ到達できない世界がココにあります」”の一文が、なかなかよかった。

感想は、たしかに、コンピューターでのモデリングではできない、マンガならではの「線のあたたかさ」を感じることができた。

どことなく、士郎正宗の『ドミニオン C1』を思わせるのも、ポイント高い。

それは、作品全体をとおして、キャラクターが「訛っている」ため、とも言える。

『ドミニオン』は、もともとの設定が兵庫県あたりを舞台としていたので、キャラクターが関西弁をしゃべっても、なんら違和感がなかった。

が、しかし、この『アップルシード・サーティーン』は、舞台はヨーロッパあたりなんで、訛りを強調するのは、原作的にはないのかもしれない。

でもでも、これはこれで、ありだな、と思った。やはり作画の線のあたたかさとマッチしているからなんだと思う。

そして、デュナンのこの顔であるw

CGでは再現できるはずもない、この崩しっぷりには、原作のそれさえも大きく超えている。

表紙のキリッとしたかっこいいデュナンとはまったく違った面が、マンガのなかでは、ちょいちょぉい登場する。

オラはこの顔のデュナンはかなり好きよ。こんなデュナンを書いちゃう作者は、よっぽどぽっちゃり好きなんだと思うしね。

いや、もっというと、ぽっちゃり芸人の柳原可奈子のことを、きっと作者は好きなんだと思う。

オラくらいのぽっちゃり好きには、ピンときたよ!

たとえば、次のコマ。

「気になっちゃう感じ?」なんてセリフを、『アップルシード』の世界でみるとは思わなかったわ。

これはもちろん、柳原可奈子の出生芸である、109の店員さんのモノマネだろう。

 

『柳原可奈子の気になっちゃう感じですか?』という本のタイトルにも使われるくらいに、このセリフはそのまま柳原可奈子をあらわしている。

うむ、この作者さんは、オラのすきなものを好きなんだな!っていう共感が、マンガをより面白く感じさせてるのかもしんない。

あと、小ネタでおもしろかったのは、携帯電話の表現かな。

原作では、デュナンはよく小型の無線をつかって話していたのだけど、この作品では携帯電話が登場している。

しかも、くるくるっと巻き取りできちゃうのが、いまある携帯電話の延長ではない、SFっぽいところかな。

携帯電話だけではなく、携帯端末(ノートPC?)も、くるくるっとまきとりできちゃうようで、持ち運びに便利そうだ。

でも、オラの記憶では、アップルシードの世界って、いわゆる攻殻機動隊の世界でいう「電脳」みたいなのが存在するはずなんだけども…?

ま、すべての人が電脳化手術しているほどではなく、サイボーグの一部が電脳使っているっていうレベルだとすれば、こういうガジェットも残っているよね。

あと、蛇足でいうと、読者を選ぶマンガかもしれない、というのが気になった。

この作品が『アップルシード』に触れるのはじめてだと、主人公のブリアレオスとデュナンの立ち位置というか、生い立ちというか、そういうのが端折られてるので、さっぱりわからないと思う。

そこは少し不親切かもしれないが、いままでアップルシードを知ってる人からすれば、アナザーストーリーとしては十分に楽しめる作品と思う。

特に登場するキャラクターの表情が豊かなのが、とにかく楽しい『アップルシード』なので、そこが好きならオススメよ!

広告