岳18巻の感想と愚痴っぽいもの


おっす!オラマンガまにあ。マンガをよむのがすきなんだ。

ここで『岳 (18)最終巻』の感想をメモしておこうとおもう。

【注意】壮絶ネタバレあり!

さて、まずは、『岳』の最終巻おつかれさまっした!

もし「面白いマンガある?」って聞かれたら、オラはこのマンガを人にすすめることにしている。

山登りと、その救助隊をメインにしたお話のマンガだ。

そうして続いてきた18巻。

ラストを読んだオラの感想。

「正直よまなければよかった…」

そんな終わり方だったのが、すごく残念で、悔しい。

オラはこのマンガをすすめてきたけども、この18巻を読んだのちは、もしかしたらもう他人にすすめることはしないかもしれない。

少なくとも「17巻までにしておけ」とアドバイスするかもしれない。

それくらい、オラにとっては、この18巻はちょっと受け入れることができない内容だった。

読書メーターでは、この18巻の感想をみることができるのだけど、「残念な終わり方」という意見が多くあった。

【注意!】ネタバレあり

Q:なにが納得出来ないか?

A:主人公の三歩が山でしぬから

読んだあとで、オラはずっと考えている。

どうしてこの終わり方を作者は提示したのか。

最後の最後で、読者ががっかりするような終わり方を持ってきたのか。

読者はきっと、三歩の死ぬ姿を望んでいない。

三歩が死んで喜んだ読者は、きっと一人もいないだろう。

また、三歩が死ぬことを真正面から受け止めて「この終わり方が最高だ!」と拍手するひとも少ないのではないだろうか。

それは読書メーターの感想をみても、そう思う。

読者は「どうして三歩が死なないと行けないのか」という、戸惑いをもっていると思う。

オラも、納得ができない。

どうしてこうなったのか?と想像せずにはいられない。

◆18巻の違和感

18巻にはさまざまな違和感があるのでメモしておく。

  • 三歩はなぜ死ぬような行動をとったのか?
  • 三歩が死ぬことで読者に伝えたかったことはなにか?
  • ザックはなぜ久美ちゃんのもとから去ったのか?
  • 久美ちゃんの結婚相手にザックがならなかったのは?
  • 作者の言葉が18巻に限って存在しないのはなぜか?

どれも、すっきりとした答えが見つからない。

そこにもう一つ疑問がある。

  • 『映画 岳』について、作者の石塚真一はどう思っていたのか?

映画については、いっさい触れられていない。

小栗旬が主演を務めた映画について、原作者がいっさい触れないというのは、すこし不自然だ。

あの映画を認めていたら「面白かった」というだろう。

が、そうしたコメントは、マンガの中ではまとめられていない。

ここで、オラが思い出すのは、きくち正太のマンガ『おせん』のテレビドラマ化と、それにともなうトラブルだ。

あのテレビドラマ化のあと、きくち正太は引退を決意するほどにショックを受け、『おせん』の連載をやめてしまった。
その後『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ』として連載を再開するが、ドラマ化についてはものすごく怒っていたことが分かる。

もしかして、ひょっとしたら、そうした何かが、『岳』でもあったんじゃないだろうか?

そう考えるのは、オラの下衆の勘ぐりだろうか。

◆キャラクターの行動

三歩に限らずだけど、キャラクターの行動は、作者が決めている。

作者がマンガの話を作るわけだから、当然といえば当然だ。

だが、いっぽうで、キャラクターが勝手に動き出す、というのも、また事実としてあるそうだ。

『HUNTER×HUNTER』の作者である冨樫義博は、ストーリーの分岐点のような場面をえがくとき、まずは思考実験をくりかえすそうだ。

キャラクターたちに相談するような、「AとB」とあったら、どっちを選ぶのかはキャラクターに決めさせる。

そのキャラクターたちにあわない行動はさせない、ということがあるらしい。

そうすることで、キャラクターは自分の考えで動くような存在へとなっていく、みたいな。

今回、三歩が死ぬまでには、三歩が犯す「行動の過ち」が重なり、それによって結局三歩は死ぬわけだけど…。

もし、17巻より以前の三歩だったら、本当にそういう行動にとっただろうか?と思ってしまうのだ。

オラが思うに、以前の三歩だったら18巻のような行動はしない。

もし、仲良しの登山家が上から落下してきても、その姿にたいして手を差し伸べたりしない。
そうすることで自分が死んでしまうのを避けるために。
それが「岳」のキャップを被るきっかけのエピソードで述べられていた。
もし同じ場面になってもそうすると、だから三歩は死なないのだと、そう久美ちゃんに説明する姿があったのだ。

だから、いままでの三歩であったのなら、18巻で命を落とすことはなかったと思うのだ。
三歩の行動では「山では自分の命をまもること」が根本にあるからだ。

しかし、この18巻での三歩はそうはしなかった。だから死んだ。

キャラクターの、まさにキャラに合わない行動によって、三歩が死ぬことが、納得できないのだ。

また、キャラクターの行動の違和感は、三歩に限らず、久美ちゃんやザックについても、そうだ。

17巻まで、ザックがたしかに久美ちゃんをずっと支えてきていた。

そうした二人ではぐくんできたエピソードも、いっさいなかったコトにして、18巻は結末をむかえる。

久美ちゃんはヘリコプターのパイロット(モブ役)と結婚し、ザックはアメリカへ帰る。

なぜだ?

どうしてここまで、今までの物語を否定するような、壊し方をして、最終巻なんだろうか?

むずかしい。

これを受け入れるのが、オラには難しい。

また、18巻で三歩が死ぬことがわかってしまった今、1巻から読み返すのがとてもつらい。

三歩がいままで、どんな困難な状況でも笑顔でがんばってきた山の遭難救助の話が、ラストのあの話につながるのかと思うと、ちょっと読み返せない。

作者には、この岳の最後のエピソードを、どういう思いを込めてかいたのか知りたい。

また、それにオラが思い至れないというか、受け止められないのが、とても悔しい。

作者の描くラストと、読者が望むラストのギャップが、ものすごくある、というのが、この『岳 (18)』だと思う。

◆望むラストのかたち

もう、三歩が死ぬという最悪のラストですでに終わってしまったものについて、「望むラスト」というのも変だが、少しだけ蛇足を書いておく。

人を救うマンガという大きなくくりでいうと、似たマンガに『医龍』がある。

こちらも実はテレビドラマ化され、そのドラマ化されたものは、原作の『医龍』とは、やっぱり別物の(原作ファンからしたら原作レイプの)ものなのだけど。

それでも、この『医龍』は、原作がとてもすばらしい形で決着をみたと思う。

医龍では、スーパードクターである朝田龍太郎が、最終的に死の局面にであい、それを自分が培ってきた人たちが救い、受け継ぎ、次の世代につなげていく、というラストになっている。

岳でも、実はこうした話ができたのではないだろうか?

三歩の窮地を、次の世代の人たちが支える、という形のラストがあってもよかったのではないだろうか。

またそれは、三歩が死なないでも、次を育てることができるというストーリーが、あったのではないだろうか?

三歩のノートについてもそうで、三歩が生きているときに、山岳救助隊の人たちと情報の共有ができたのではないだろうか?

そう考えないではいられない。

今までとてもおもしろいマンガを読ませていただいた作者の方には、とても感謝している。

けども、どうしても、三歩が死んだというショックが、オラを「このマンガを読んでよかった」という気持ちにさせないのだ。

広告

岳18巻の感想と愚痴っぽいもの」への21件のフィードバック

  1. 『岳』は雑誌を買って途中まで読んでいたので最終巻が気になっていたのですが、アマゾンを見ても納得していない人が多いみたいですね。
    どうしてこういう内容にしたのか、本当に作者に聞いてみたいですね。

    • mochaさんおひさー。
      途中まで読んでたんですね。
      思いっきりネタバレ記事ですみません。

      作者はこれが最初の連載なので、きっと色々と悩んで最終回をかいたはずなんですよね。
      納得しておれも読みたかったんですが…。

  2. 全く同感です。
    雪崩に巻き込まれた要救が、まだ雪の下にいるのがわかっていながら「ここまでだよ」と救える命の限界と山の厳しさを知っていたはずの三歩がなぜこんな行動を?ナオタとの死なない約束も、、
    どうしても受け入れることができません

    • もるつさんコメントどうもありがとう。
      そうなんです。
      今までの三歩は「全部の命を救ってきた」わけじゃないんですよね。
      それこそ「完全無敵のヒーロー」じゃないんです。

      だから、ラストの違和感がどうしても残ってしまって、やるせないです。
      ナオタの安全コーヒーカップが、悲しかったです。

  3. ウィキペディアの「岳」の「その他」のところを読むとこうなった経緯がわかるような気がする。

    • やまやまさんコメントどうもありがとう。
      wikipediaの「その他」を読みましたが、いまいちピンときませんでした。
      「独自研究?」みたいな文章で、これだと一個人のブログの感想記事とかわらないかなぁと思いました。
      いろんな人の読み方を、読書メーターの感想などでしる方が、参考になると思います。

  4. 二重遭難や様々な制約から縛られずに行動できる強い主人公、山を愛する山に来た人たちも愛する主人公。そんな彼がいるならと山にあこがれて自分も山のぼりを初めてみたわけですけど、その結果安易な登山による事故などの影響がでたりしたとか、不快に感じたりとかもでたのかもしれない。それを漫画だから気にしないなんていっていられない作者だったのかも。gantzの奥さんもあとがきに書いているけどそういうのって結構こたえるんじゃないかなぁ。だから、やっぱり山は厳しいなんて感じにして決着をつけることにしたんじゃないかなぁなんて。たかが漫画なんだけど、牧さんみたいな人だっているんじゃないかな。うまく言えないけれど私はそう解してみた。言葉足らずですいません。「その他」を作者が目にしたら結構つらいかなって。

    • やまやまさんコメントどうもありがとう。
      山登りはじめたんですね!それはすごい!
      その話は作者に伝わったらきっと喜ぶと思います。

      山の魅力(と厳しさ)を伝える『岳』は、
      「それでもやっぱり山はいいよ」というマンガだと思うんです。
      もし、厳しさだけを伝えるマンガだったら、山登り始める人もいないと思うし…。

      元気に山に登って、無事に戻ってくる、そんな山登りの姿が三歩をとおして描かれたラストだったら良かったなと思いました。

  5. 私もそんなラストがよかったです。でも、三歩さんの気持ちがつながっていっているのもすごくよかったなって。私もそうだし、皆さんもそうですよね。ナオタくんもそうだし。imakakomiさん、山でつなっがていrんんでしょう!ならばいずれいつかどこかで。

    • やまやまさんコメントどうもありがとう。
      『岳』で山の魅力を知った人は多いでしょうね。
      終わりが残念でしたが、とてもよいマンガでした。

  6. あのラストは衝撃的でしたが
    わたし三歩は死んだと解釈してません。

    映画は作者が撮影現場を見学して小栗旬が
    三歩にしか見えなかったと連載誌でベタ褒めしてたと思います。トラブルは感じなかったなぁ。

    • ちい☆さん
      コメントありがとうございます。
      三歩が死んでないと読むこともできなくはないですね。
      あのあと、どうやって助かったのか…を考えると、なかなか厳しい状況ではありますが。

      なるほど、連載誌でべた褒めしてたんですね。
      その情報は初めて知りました。
      教えていただいて、ありがとうございます。

  7. ※長いですごめんなさいね。

    たまたま岳18巻のアマゾンのレビューを見て、批判的な
    意見が多くてビックリ!して、ここにたどり着いた訳ですw
    おじゃましますね。

    僕は岳をずっと読んで来たファンですが、
    がっかりって事は無かったなぁ。
    三歩が死んで(死んだように見えて)、
    とても悲しかったですが、がっかりというのとは
    全然違いました。
    むしろ、とても感動しました!
    ぜひたくさんの人に読んでもらいたいと思います。
    あなたの感想は自分とまったく違うのでw
    とても興味深かったです。

    最終巻は三歩の自分自身に対する”挑戦”が描かれていると思います。
    三歩の日常はすでに挑戦ですが、
    更なる高みを目指した挑戦をするために三歩はヒマラヤに向かいました。
    しかし、もともとの目的である単独でローツェに登頂は
    天候をみてアッサリ諦めます。

    そしてオスカー隊の遭難現場に現れます。
    三歩は山岳救助が仕事です。
    ”山岳救助”こそが三歩の挑戦なんです。

    三歩と草介君の会話です。
    草介「なぜ他人のために登るのか?」
    三歩「いつも自分のために登っている。」
    草介「なぜそこまで頑張れるのか。」
    三歩「登れそうもない山の前で絶対登れると
    ヤル気満々で立っている俺がいるんだよね。そんな感じ!」

    その後草介は気付きます。
    「人を助けること自体がデカイ山なんだ。」と。

    無謀な救助は、自分の”救助能力”の限界に
    命を賭けた挑戦だったんだと思います、
    その挑戦は三歩にとって、喜びであり、
    楽しみであり、苦しみでもありあります。
    実際そのように描かれていました。
    馬鹿なことかも知れませんが、
    人は命を賭けて挑戦したいと思うこともあるので
    はないでしょうか?
    そして命をかけた挑戦である以上、
    死んでしまうこともあると思います。
    でも、僕は三歩は生きている、と信じています。

    • 長文コメントどうもです。
      ここまで長文でコメントしたい内容があるのであれば、
      匿名を外して、ご自分のブログなどで、もっともっと語ってみてはいかかでしょうか。

      読み方は人それぞれだとは思いますが…
      アマゾンのレビューをみてもそうですが、
      今回の結末を「よかった」ととらえる人が少なかったことをみると、
      やはり「残念な結末」と言わざる終えないと思いました。

  8. 僕の感想書いたまでです。
    コメント消しといて下さい。
    お手数かけます。

    • いえコメントは消しません。
      荒らしやスパムではないので、コメントとして残しています。

      これだけ長文の感想を書くのには、簡単な労力ではないので、
      きちんとした形で(匿名も外して)自分のブログ等で、
      多くの人に読んでもらったらいいのになぁ、と思いました。

  9. とにかく消しといて下さい。
    お手数おかけします。

    おっしゃる通り別の所に書くので消しといてください。

      • 古い投稿にはコメント付けられないようにしてみた。
        コメントの運用についてはもうちょっと考える、ってことで。

  10. 匿名が気に入らないみたいだけど、
    どうでもいいじゃん、そんなこと。
    しかも、”いまかこみ”って本名なの?
    ペンネームなら、それ匿名って言うんだよ。

    このサイトは匿名で書けるようになってるんだし。
    嫌なら匿名で書き込めないようにしないと。
    それが出来ないならサイト変える事も考えないと。
    書き込む人が惨めです。

    • たしかに!おっしゃるとおりですね。
      自分も本名じゃないですし、匿名のコメントを受け付けてるんだから、
      匿名投稿について、とやかく書いた自分がバカでした。

      惨めな気分にさせてしまったのなら、大変申し訳ありませんでした。
      コメントありがとうございました。

コメントは受け付けていません。