好きなモノを好きと言おう


おっす!オラむだに連休をすごしたモノだよ。

むだに連休をすごしたんだけど、色々と「出会い」はあったよ。

ネットの中で。

まあ、ネットをわりと多めにやってる連休だった暇人っていうことなんだけど。

すこし思ったコトを書いておこうと思う。

◆1好きなモノは好きと言おう

これは前から思っていることだけど、好きなモノは好きと言おう。

できれば、その作り手(送り手)に直接、声が届けられると素晴らしい。

その声に、きっと送り手は答えてくれる。

また、その声を一人ではなく、まとまって伝える手段があると、それを利用しよう。

コミュニティーには積極的に参加してみると吉。

◆2批判と悪口は違うんだよ

好きなモノを好きという自由があるように、逆に、嫌いなモノを嫌いというのは「自由」だ。

それが、この日本では許されている。

ナニか作品なり、情報なり、モノなり、を作ったり送り出したりすれば、当然なんらかの「反応」があるわけだけど。

それは必ずしも「好評」だけではなく「批判」もありうる。

それが当たり前。

その時に、「批判」ならまだいいんだ。

ココが悪いとか、ココを直せばもっとよくなるとか、前向きに捕らえることができる言葉だと思うから。

でもでも、それが単なる「悪口」だったり「相手を傷つけようと思うだけの言葉」をはくときには注意が必要だと思う。

また、その言葉を使う「場所」を選ぶのも大事だと思う。

たとえば、オラは、好きなモノを好きというコミュニティーに参加していたとするでしょ。

そこに、その好きなモノを頭から否定する人がドカドカ入ってきて、罵詈雑言(としか聞こえない口汚い言葉)を浴びせてきたら、どうだろう?

オラはイヤだ。

とてもイヤな気持ちがする。

「これはいいなー」と思っている人たちが集まる、そうしたコミュニティーにわざわざやってきて、否定的なことをいう人たちは、いったい何なんだろう?って思う。

そうした輩(=荒らし)をすぐにキック(蹴り飛ばして追い出す)システムがあるなら、対応の仕方もあるけども、それができない場所もある。

そうしたシステムでのコミュニティーでは、輩(=荒らし)はスルーするのが基本とされる。

でもでも、荒らしが去るまで、ずっと黙りだったりスルーしているのが辛いというのも事実。

だって、自分の好きなモノを(ときには人を)の悪口を、だまって聞いて受け流すというのは、それはとても辛いことだとオラは思う。

もしも、どうしても、悪口だったり相手を傷つけようという言葉を使いたい輩は、そういう人たちだけで新たなコミュニティーをたちあげて、そこで思う存分いいあって欲しい。

まあ、でも、それは荒らしの本人達にとっても、何の進展も生み出さない行為なので、「エネルギーの無駄遣い」かもしれないけども。

◆3ネットだから言いたい放題か?

たとえば、ネットではなくリアルな関係の場合。

何らかの発表した人に対して、その作品(あるいは人そのもの)に対して、罵詈雑言を面と向かって本人に言い放つことができるだろうか?

もっというと、あるコミュニティーに入ってきて、そのコミュニティーを荒らし回る行為が、リアルでできるだろうか?

きっと、なかなかできないと思う。

それが、ネットだと、軽々できてしまうのは何だろうか?

ネットを介して、自分は安全な場所にいて、相手を攻撃する言葉を投げかけるのを、オラはとても「卑怯」だと思うし、それをするべきではないと思う。

また、ネットを介したとしても、その罵詈雑言を浴びせられた側は、リアルな人間なのだということを忘れちゃだめだ。

まして、わざわざコミュニティーに入ってきて、多くの人をいやな気持ちにするような言葉を出すことが、本当に「必要かどうか」考えてから話すべきだ、と思う。

◆4まとめ

オラが言いたかったことは5つ。

  1. 好きなモノは好きと言おう。
  2. できれば直接、相手に言おう。
  3. 批判と悪口は違うとしろう。
  4. 悪口は本人に直接いうべきものじゃない。
  5. ネットでも相手はリアルな人間だということ。

またコミュニティーで考えたことがあれば、メモしてみようと思う。

広告