GLENMORANGIE(グレンモーレンジ)を初めて飲んだので


おっす!オラへべれけ。お酒を飲んで酔っぱらった人のことを「へべれけ」っていうけど、ギリシャ神話の女神様の名前からしているらしいよ!

本日は、スコットランドのお酒であるシングルモルトウィスキー『GLENMORANGIE The ORIGINAL TEN YEARS OLD(グレンモーレンジ 10年)』を飲んだ感想を書いてみるよ。

ちなみに、オラが前に買ったウィスキーは『ボウモア12年』で、このときはお手頃な価格で入手できた。

今回も同じ酒屋さんで買うことにして、『グレンモーレンジ 10年』としてはなかなかお安い、2,680円でゲットしたのだった。

まずは、ボトルの見た目から楽しむよね。

箱をあけて、上からみたところ。

箱から出したところ。

ラベルのアップ。

さらにアップ。グルグルしている紋様。

ボトルの下部。

それで、肝心のウィスキーをグラスに注いだときの写真や、味わいや色合いはというと…。

その写真を撮ることができなかった。

理由はグラスに注いで2秒で全部こぼしたから!!!!!

ヽ(`Д´)ノウワァァァン

酔ってなかったのに、素面だったのに、注いだ瞬間にグラスのウィスキーを全部こぼすなんて!

こぼした瞬間、あわてたもんだから、びしょびしょになったテーブルの上のウィスキーをすすって飲んじゃったよ!(ノД`)シクシク

というわけで、初めて飲んだGLENMORANGIEは、「ウィスキーを味わうよろこび」よりも「ウィスキーをこぼしたかなしみ」を味わうことになったよ!

このことから、オラが言えることは一つだけ。

ウィスキーは、どっしりした重めの安定したグラスに注ぐべき。

関連サイト:Glenmorangie | Home

広告