熱中症になった話

おっす!オラ外でお仕事する人!

昨日(7/30)に、熱中症と思われるモノになったのでメモっておくよ!

◆仕事をしてて熱中症

詳しくは書けないけど、オラは、外と中でお仕事するのね。

それで、普段は水分を2リットル持って行く。

500mlはポカリスエットで、あとの1.5lは水を持って行った。

それで、午前中に、だいたい1リットルくらいの水分補給をしながら、仕事してたんだけども、熱中症にやられちゃった。

症状としては、ケツが痛いというもの。

痔のような、肛門が痛いんじゃないの。

ケツのほっぺたっていうか、やわらかい部分が、剣山でさされたような、ちくちくする痛みになったの。

ずっと歩きまわっているから気づかなかったのだけど、休憩時間にちょっと椅子に座ったら、ちょー痛くて…。

ケツに針をサクサク刺されているような、そんな感じ。

それで、最初は熱中症だと思わなくて、なんか変なモノがケツ(ズボン)についたのか?と思ったけど、すぐにこれは熱中症だと気づいた。

気づいた理由は、熱中症の症状をいぜんに聞いたことがあって、そのなかに「筋肉や皮膚が痛くなる」というのがあったから。

それで、あわてて、もってきたポカリを飲んで、昼休みに1時間くらい横になった。

熱中症のときには、足を高めにして横になるとイイ、というのも聞いたことがあった。

とりあえず、風の通るばしょで、横になること1時間。ようやく回復してきた感じ。

お尻は痛くなくなっている。

ここで、ズボンやパンツに何かちくちくする原因のモノがついていたワケではないことが明らかになった。

でも、このあとで、さらに午後の仕事をしたところ、やはり途中からケツが痛み始めた。

ポカリスエットはすでに飲み干してしまっていたので、さらに追加でスポーツドリンクを買って、合計で2.5lを飲んだ計算。

ここからの反省は、水ばかりを少し多めにとった(かもしれない)こと。

塩分が足りなかったのかもなぁ。

◆反省からの対策(応急対策)

ということで、今日は、麦茶を1lと、水と500mlと、ポカリを500mlと持って行った。

が、途中でやっぱり水がたりなくて、500mlの水を追加した。

麦茶をくわえたのは、ミネラル分を多くとろうと考えたため。

一応、7/30のときのような、ケツに激痛はこなくて、少しくらい痛くなるくらいだった。

熱中症は寝不足でもなりやすくなるらしいので、早めに寝ようっと。

また、なにかあれば、書いておこう。

2013年のほぼ日手帳について考える(オリジナルとオプション)

おっす!オラメモ魔。
メモする、メモする、メモめも、( ..)φメモメモ

ということで、普段から手帳にメモしているわけだけど、すでに来年(2013年)の手帳について考えているので、それをメモしておこうと思う。

◆1)いまの手帳の構成

いまの構成は『ほぼ日手帳WEEKS』と『ほぼ日手帳オリジナル』の二冊体制にしてる。

二冊の手帳の使い方には、次のような使い方の違いがある。

  1. ほぼ日手帳WEEKS → [事実]を書く。主に外出先で、買い物、メモ、ToDo、などに利用。筆記具は4色ボールペン。
  2. ほぼ日手帳オリジナル → [気持ち]を書く。主に家で、夢日記や、日記、などに利用。筆記具は万年筆。

(詳しくは「ほぼ日手帳の使い方@12-02」というエントリーでも書いた。)

この二冊体制を実際にやってみると、やはりメモがあちこちに散乱してしまい、読み返す時の使い勝手がわるい。

外出先で『WEEKS』でメモし、家で『オリジナル』にメモしたりで、あとで読み返そうと思った時に「あれ、どこに書いたっけ?」的なことになりがち。

これはまずい。

かと言って、2011年に使っていた『ほぼ日手帳カズン』は、とにかく重いのがネック。

オリジナルの本体が208gのところ、カズンの本体は490gもある。

オリジナルやWEEKSにくらべてたくさん書けるメリットはあるが、重さのデメリットに負けて、カズンはやめてしまった。

(詳しくは「2012のほぼ日手帳はオリジナルとWEEKSの二冊体制でイク」というエントリーで書いた。)

◆2)いまの手帳の不満点

いまの手帳の構成(WEEKS+オリジナル)での不満点は、大きく3つある。

  1. メモが散乱する
  2. ほぼ日手帳の下敷きが狭くてイケてない(WEEKSもオリジナルも下敷きはうんこ)
  3. ほぼ日手帳WEEKSが貧弱で避けた

1の「メモが散乱する」は、さっき書いたこと。

2の『WEKKS』と『オリジナル』の下敷きは、「手帳の紙面よりも下敷きが小さいという、根本的な欠陥」があるのだ。

2013年版で改良されているかどうかが重要で、もし改良されてなかったら、他の手帳に浮気するかも…。

(詳しくは「ほぼ日手帳の下敷きは、下敷きの要素を満たしていないので、2013では改良して欲しい」というエントリーで書いた。)

さらに3の「ほぼ日手帳WEEKSが裂けた件」ついては、このブログで4月に書いたとおり、手帳がビリビリと裂けてしまったのだ。

1年間どころか、半年も保たずに、裂けてしまうのはあきらかに欠点だと思う。

実は、4月のエントリーを書いたあとに、ほぼ日手帳の中の人とメールでやり取りをして、「無料で交換」という申し出を受けたのだけど…。

その時点で手帳をずいぶんと書いていたので、手帳を破棄するのは、心理的にできなかったので、結局「交換はしないで」使い続けている。

交換の申し出は嬉しかったけども、最初から破れなければ、こういうこともなかったのよね。

◆3)2013年の手帳の構想

いまのところ案としては2つある。

  • ほぼ日手帳をやめて、別の手帳を探す
  • ほぼ日手帳オリジナル+オプション「ほぼ日の週間手帳」を使う

前者は、ほぼ日手帳をやめるというものだけど、具体的な手帳は決めてない。

後者は、いまの2冊体制を改良して、1冊+オプションで使うというもの。

これのメリットは「費用的に安い」、「メモが散乱しない」、「貧弱なWEEKSをやめる」というもの。

オプションの「ほぼ日の週間手帳 spring」について、ほぼ日サイトか引用してみると…。

スケジュールを週単位で管理したいという方からの
リクエストに応えてつくったオプションです。
見開きごとに、月曜日から日曜日までの1週間を見渡せて、
24時間の時間軸になっているのが特徴です。
目安にもなって、自由にも使える方眼、
パタンと180度開く糸かがり製本、
本文用紙には手帳に最適な「トモエリバー」を採用し、
「ほぼ日手帳」と同じ書きやすさを実現しました。
365日、さらに気持ちよく使っていただくために、
表紙の素材を丈夫にして、耐久性もアップ。

サイズ 縦140ミリ×横95ミリ×厚さ4ミリ
本文用紙 トモエリバー
重さ 49g
製本方法 糸かがり製本
ページ数 108ページ
加工 表紙:マットPP加工
  • 53週分(2012年3月26日~2013年3月31日まで)
  • 2012年版年間カレンダーつき(2012年4月~2013年3月)
  • 月曜はじまり
  • 3.45ミリ方眼/メモ用1ページ(3.45ミリ方眼)

とあり、オラがWEEKSでやりたかったスケジュールの部分については、これで十分そうだ。

ちなみに、画像のオレンジの手帳が『ほぼ日手帳オリジナル』のサイズで、右の「7」と書かれたのがこの『ほぼ日の週間手帳』だ。

お値段は、『ほぼ日の週間手帳』は400円で、いまオラが使っている『ほぼ日手帳WEEKS』1890円(ホワイトラインアイボリー)と比べても、かなりお安い。

このオプションで『WEEKS』の不満点は、ほぼ解消できそう。

一方で、『オリジナル+WEEKS』を併用したときのメリットは、書けるスペースが広い、ということだった。

もし『オリジナル』だけを使っていて、どうしても書くスペースを増やしたい時には、付箋をはれば問題ないと考えている。

◆4)ほぼ日手帳をやめる=浮気する手帳は?

ほぼ日手帳をやめることになったときの、具体的な手帳はまだ決めていない。

手帳にどうしても、ほしい機能(条件)は、次の3つ。

  1. 一日に1ページ書ける(日記を書きたい)
  2. カレンダー形式の月間ページがある(月曜はじまりが理想)
  3. 持ち歩ける大きさ・重さ

以上の3点がかなえられる手帳ならば、ほぼ日手帳をやめてもいいと思っている。

でも、なかなか見つからないのよね。

手帳+日記帳という使い方(二冊体制)なら、色々と選択肢はあるだろう。

いままでは無条件でほぼ日手帳を選んできたけど、来年の手帳は、他のメーカーも含めて、色々と見比べてみようと思う。

GLENMORANGIE(グレンモーレンジ)を初めて飲んだので

おっす!オラへべれけ。お酒を飲んで酔っぱらった人のことを「へべれけ」っていうけど、ギリシャ神話の女神様の名前からしているらしいよ!

本日は、スコットランドのお酒であるシングルモルトウィスキー『GLENMORANGIE The ORIGINAL TEN YEARS OLD(グレンモーレンジ 10年)』を飲んだ感想を書いてみるよ。

ちなみに、オラが前に買ったウィスキーは『ボウモア12年』で、このときはお手頃な価格で入手できた。

今回も同じ酒屋さんで買うことにして、『グレンモーレンジ 10年』としてはなかなかお安い、2,680円でゲットしたのだった。

まずは、ボトルの見た目から楽しむよね。

箱をあけて、上からみたところ。

箱から出したところ。

ラベルのアップ。

さらにアップ。グルグルしている紋様。

ボトルの下部。

それで、肝心のウィスキーをグラスに注いだときの写真や、味わいや色合いはというと…。

その写真を撮ることができなかった。

理由はグラスに注いで2秒で全部こぼしたから!!!!!

ヽ(`Д´)ノウワァァァン

酔ってなかったのに、素面だったのに、注いだ瞬間にグラスのウィスキーを全部こぼすなんて!

こぼした瞬間、あわてたもんだから、びしょびしょになったテーブルの上のウィスキーをすすって飲んじゃったよ!(ノД`)シクシク

というわけで、初めて飲んだGLENMORANGIEは、「ウィスキーを味わうよろこび」よりも「ウィスキーをこぼしたかなしみ」を味わうことになったよ!

このことから、オラが言えることは一つだけ。

ウィスキーは、どっしりした重めの安定したグラスに注ぐべき。

関連サイト:Glenmorangie | Home

いぬの散歩とマゾヒスト

おっす!オラいぬのおまわりさん!
迷子の子猫ちゃんはどこかな?
そんな子猫ちゃんは送り狼しちゃうよ!

と、のっけから妄言でお送りしているわけだけど、今日の話は妄言多めで!(いつもだけど)。

◆1)いぬのニュース

最近、いぬのニュースで気になったは、「大阪泉佐野市、ペットからも税金徴収 30年ぶり「飼い犬税」復活に動く 」という記事。

どういうことかというと、いぬの飼い主がうんこの始末をしないもんだから、市が「飼い主がうんこ始末しないんだったら税金とって市が行うから!」という話らしい。

おらは、飼い主が「誰かがいぬのうんこ処理してくれる」と思って、うんこを放置するのが、やっぱりわるいんだと思う。

それって、いぬを可愛くて飼ってるけど、うんこは始末したくない、ってことでしょ?

それは、やっぱり「飼い主の資格」がないというか
いぬを飼ったらうんこをするものという「覚悟」が足りないんじゃないかしら?

むしろ、うんこを始末することに喜び(悦び)を感じるくらいの飼い主じゃないとね!

◆2)いぬの散歩とエロマンガ

「いぬの散歩」という図式は、よくエロマンガなんかだと、女性に対して行うエロ表現だったりする。
マゾヒストの女性を、いぬのように全裸にさせて、首輪をつけて、散歩させるというような話がある。
でも、たいていは、そこでおしまい。

本来ならば、もっとつっこんで、いぬがうんこをするがごとく、女性が糞尿をながす描写があってしかるべきだし、そこを「飼い主であるご主人様」が掃除するまでが、「完璧なプレイ」だと思うのだけど、いかがか?

いかがかって、誰に問うているんだかw

ともかく、ペットの不始末は、ペット自身が片付けるのではなくて、ペットの飼い主が行うべき姿と思う。

◆3)いぬの散歩と思い出

最初に、いぬの散歩をみた記憶は、オラんちの目の前で飼われてたタロー(♂)だった。

散歩の最中に思ったコトは二つ。

  1. いぬはおしっこを朝と晩の二回しかできないんだ!?
  2. いぬの飼い主は足が速くなるんじゃないか

まず、オラがこどもだった当時は、いぬは基本的に外で飼われていた。いまでは室内犬も当たり前だけど。

それで、いぬは朝と晩の散歩のときしか、電柱におしっこしてまわれなかったのが、ショックだった。
だって、オラだったら、そんなにガマンできないもの。
自分のタイミングでおしっこやうんこができないなんて、いぬは大変だな、と思った。

もう一つの方は、タローがかなりのスピードで走るものだから、それを散歩している飼い主の少年も、かなり足が速かったんだよね。
オラは足が遅いもんだから、「いぬを飼うと足が速くなる」と、単純に憧れた。

あと、いま思い出したのは、タローが散歩から帰ってきて、水道水をがぶ飲みする姿がとても「美味そう」だったわ。

走ったあとの水はうまいもんな。

って、ここまで書いて、なんかオラのブログって「うんこネタ」が多くね?
まあ、あれよ、うんこを考えるってことは、大事なことなんだよ、たぶん。