2

さいきん般若心経がおもしろい

おっす!オラ三蔵法師の弟子の孫悟空!ありがたいお経をもらうために西の方へ旅しているよ!

ってことで、「ありがたいお経」について書いてみるよ。

さて、急なロールプレイングではじまったブログだけど、今回は「般若心経」の話。
オラが最近おもしろいと思っている「お経」だ。

ところで「般若心経」って文字は読めるかしら?

「はんにゃしんきょう」って読む人もいるみたいだけど、
ここでは『はんにゃしんぎょう』 と読むよ。

で、この「般若心経」についての本をいろいろと読んだりしている。

それまで、おれが「般若心経」にもっていたイメージは二つ。

  1.  「はんにゃーはーらー」とか「しきそくぜくー くうそくぜしきー」みたいな言葉が入っている、お経であること。
  2. 西遊記の話のもとになった、玄奘三蔵が、持ち帰ったお経であること。

でも、このお経の意味(どういうことが語られているお経なのか)については、さっぱり、よく分かってなかった。

そもそも「宗教はあやしい」っていうイメージが先行していたので、般若心経を学ぼうなんて思わなかったんだよね。

最初のきっかけは、2006年にNHKで『生きて死ぬ智慧』柳澤桂子を紹介していたこと。
すぐに買って、読んで、面白かった記憶があるけど、そこでとまっていた。

最近また同じ本を読み返したり、他の人が書いた般若心経にまつわる本を読んだりした。

また、これらの本の間に読んだ手塚治虫の『ブッダ』も、読んでおいて良かったと思う。

ブッダの本当の教えは、いまの仏教=宗教とはちょっと違って、どちらかというとある種の哲学に近いと、オラは感じた。

そもそも、般若心経も、ブッダが言った言葉そのものではない。
ブッダが生きていた時代と、般若心経が成立したとされる時代(600年ごろ?)には、およそ1200年も差があるわけだし。

でもでも、般若心経には、玄奘三蔵が命をかけて(まさに命がけで旅をしてきた)持ち帰った仏教の心髄というか、凝縮されたエッセンスが、ここにはある。

そうして、それは、「死者へのことば」ではなく「生きていくものへ真理のことば」だと感じた。

ちょっと矛盾する言い方だけど、オラはいまの仏教は、基本的には好きにはなれない。
「あの世」を意識する宗教は、仏教に限らず、キリスト教についても信じる気にはなれない。
それがオラの宗教観だ。

でも、般若心経(=ブッダの本当の教え)には、「あの世とこの世」なんていう概念はない。
それよりも、般若心経でのべられている「真理」は、哲学をも含みつつ、宇宙観をのべているようで、とても面白い。

宗教観というより宇宙観という見方で、オラは般若心経をとらえている。

おもしろい。

書かれている内容もおもしろいのだけど、般若心経を詠むときの「おとのならび」というか、お経の「歌い方」も、とても耳に気持ちよい。

これって「真言」だからなのかもしれない。

最後に引用しておこう。

仏説摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空

度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空

空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相

不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中

無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意

無色声香味触法

無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽

乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得

以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想

究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故

得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪

是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦

真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

般若心経

うんこのイヤな思い出

おっす!オラうんこっこ!うんこのイヤな思い出を急に書いてみるてすと。
お食事中な人には不快になるかもな文章。

オラは朝にしっかりうんこが出るタイプ。
しかも朝起きた直後と、家を出る直前の二回w
うんこをしっかりしておかないと「不安」になっちゃうから。

なぜか?
それは、外出先でうんこをしない子どもだったから。

男のトイレは大便器と小便器がわかれているので、うんこをしていると丸わかりなんだよね。
それがいやで、外出先では、うんこをしない子どもだった。
また、洋式と和式があるけど、自宅が洋式だったこともあり、和式のトイレでうんこするのは苦手。
ちなみに、外出先でうんこをできるようになったのが、大学生のころだと思うそのくらいに「うんこの呪縛」があった。

さて、その中で、うんこのイヤな思い出は、次のようなもの。
オラは小学生の低学年で、学童に通っていた。
その日は、学童にいたときに、すでにお腹が痛かった。
ぶっちゃけうんこしたくて、何度もトイレに行こうとした。
でも、家でしようと思ってガマンしていた。

当時、オラが学童から帰る時間には、母親は家にいるのが普通だった。
が、その日は違った。
オラが学童から、痛い腹を抱えて帰宅したときには、家には鍵がかかっていた。
オラは「鍵っ子」ではなかったので、家に入るための鍵は持ってなかった。
絶望した!

もう、うんこしたくて、ほぼ漏れる寸前だったおれは、本当にどうしようもなかった。
右往左往して、早く母親が帰ってきて欲しいと祈りつつ、もう、うんこマジ限界。
うちはマンションではなく、一軒家だ。
小さい庭がついている。

小学校低学年のオラはどうしたか?
答え:庭にシャベルで穴を掘った

意味が分からない?
庭に穴を掘って、簡易トイレを作ることにしたのだ。
まあ、「トイレ」と言っても、「穴」なだけだが。

しかし、「穴」の位置も問題だ。
オラのうんこは限界マックスだが、それを他人から見られたくはない。
道路から見える庭に掘ることは、うんこしてるところが丸見えの可能性がある。

だから、ちょっとだけ家の影になるような場所に、穴を掘って、うんこをした。
おそらく、はじめての、野グソだ(庭だけど)。
超絶「ほっとした感」と、だれか来たらどうしようかという「ハラハラ感」をあわせもった感情で、うんこをしていたと思う。

あ、いま、この記憶の「大事な部分」が欠落していることに気づいた。
うんこの後の記憶が、すっぱりない。
つまり、「うんこの後の紙」をどうしたか?だ。

当時のオラは、ハンカチといっしょにティッシュを持ち歩いていたんだろうか?
もしくは、庭の葉っぱで拭いたのだろうか?
さっぱり記憶がない。
穴を埋めた記憶はあるのに…。
ノートの紙を破ったりはしてないと思うが、当時のオラは、どうサバイバルしたんだろうか?

その後、オラは、帰宅した母親に、ことの顛末を語ったはずだ。
それ以降「家の鍵をある箇所に隠す」ことにして、家には入れないことは無くなったもの。

いまでは、たまには外でうんこもするけど、基本はやっぱりしないかな。
あと、うんこすると、その建物の「なわばり感」は、高まる気がするのは、オラだけかしら。

探しものは何ですか?ボールペンのペン先について

おっす!オラ、ボールペンのペン先をさがしていた人!

ようやく見つかったので、ことの顛末などをメモっておこうと思う。

まず、おれが探していたのは、JETSTREAM(ジェットストリーム)の3色ボールペンの替え芯「SXR-80-07」という型番の『青色』。

これの本体である、JETSTREAM(ジェットストリーム)の3色ボールペンは、よくスーパーでも売ってるもので、割りと売れ筋商品だと思う。
3色というのは、黒、赤、青なんだ。

それで、おれが欲しかったのは「青」なんだけど、スーパーで探したら見つからなかった。
本体の3色ペンは売ってるのに、替芯は黒と赤しか売ってないの。
もっというと、4色ペン(+緑)の本体すら売ってるのに、替芯は黒と赤しかないっていう。

そのスーパーだけかな?と思って、他の、今度はちょっと大きめのホームセンターに行って探してみた。
ここでも、替芯は、黒と赤のみ。
同じく、本体は3色でも4色でも売ってるっていうのに…。

( ゚皿゚)キーッ

これ、ちょっと変だと思うのよ。
替芯は売ってないのに、本体だけ売るって、おかしいと思う。
じゃあ、青が切れたら、新しいペン本体を買えってこと?

結局、青のボールペンの替え芯は 、近所のさびれた(失礼)な文房具店で見つかりました。
ホント、ありがとうございます。
普段は、まったくスルーしているお店だったのだけど、ほしいものが売ってたときの「安心感」は、いい気持ちがした。

次にまた替芯をさがすときには、最初からここに来るかもな。

家計簿をはじめてみた

おっす!お久しぶり!オラ家計簿をはじめたモノだよ!

ちょっと前に、読んだ『お金の地図』という本がきっかけで、家計簿をつけるようにしてみた。

オラがナニにお金を使ってるのかを、可視化しておこうというのが目的。

それで、4月の末から仕事をはじめたので、特に仕事にまつわる自腹精算が多く感じるので、それをメモするようにしたかった。

あと、マンガとかマンガとかマンガを、オラはセーブしないとどのくらい買ってるのか?いまいちピンとこなかったのがあってね…。

ということで、やった順にメモしてみよう。

◆1:レシートをためる

まず、最初にやったのはレシートをためること。
レシートって「家計簿をつけよう」と思うまでは、まあ、すぐに捨ててた。
っていうか、そもそももらわなかったりしたし。

でも、いくらのモノを買ったのかを家計簿にしようと思ったら、レシートがないとはじまらない。

◆2:ほぼ日手帳にメモ

レシートの次にしたのは、ほぼ日手帳に、使った金額をすぐにメモするようにした。

レシートはもちろんもらうのだけど、レシートには細かい内容とか書いてないときもあるのよね。

たとえば100均のショップなんかだと、ナニをかったのか、レシートに細かく出てなかったりする。

ので、普段、外出時に持ち歩いているほぼ日手帳のWEEKSへ、メモするようにした。

使った金額と内容を、赤ペンで、その日の欄に書くだけ。

マンガなんかは、何巻を買ったか忘れたりして、同じモノを買ったりするアホなこなので、これのメモも外出先でなかなか便利。

◆3:ノートによる整理

次に、レシートと手帳の内容を、1週間に一度整理する日を作った。

どう整理するかというと

  • 日付
  • 分類:仕事、交際費、娯楽(など)
  • 内容
  • 金額

を、日付毎にならべるだけ。

それで、1ヶ月に分類のなかで「仕事」がいくら使ったのかを計算した。

でも、この方法は、手書きでやってるので、計算するのが手間なんだよね…。

1ヶ月とちょっとやったんだけど、どうもおれにはしっくりこなかった。

◆4:OpenOffice.org の calc(計算ソフト)を使う

手書きのノートをやめて、ソフトで家計簿をつけるようにしてみた。

項目としては、先のノートと同じで

  • 日付
  • 分類
  • 内容
  • 金額

を入力するシートがある。

また、分類ごとに使った金額を合計するようにもした。

ちなみに、分類は次の11種類としてスタートしている。

  1. 仕事:仕事で使ったモノはすべてここへ
  2. 食費:食べ物のお金
  3. 日用雑貨:こまごましたモノ
  4. 住居費:家賃(の代わりに自宅の両親へ入れてるお金)
  5. 医療:痛風とかでかかるから
  6. 美容:美容というか理容?散髪代。あと手のクリームとか。
  7. 教育・教養:勉強系のお金
  8. 交通費:移動するためのお金。電車代、ガソリン代など。
  9. 自動車:ガソリン代と分けてるが、メンテナンス費用や税金など。
  10. 慶弔・交際費:飲み会とかの予定だが、まだ使ってない。
  11. 娯楽・レジャー:CD、マンガ、旅行、その他の遊び

って分類はまだ、固定じゃなくて、こんな感じでとりあえずはじめた。

◆まとめ

いま、現在メインでやってるのは(1)レシート、(2)ほぼ日手帳へのメモ、(3)calc家計簿へ の3つパターン。

calc家計簿へは週に一度、入力するように考えてるけど、まあ、やっていくうちに決まるだろう。

ゆくゆくは、会社(仕事)で使ったお金は必要経費とかそういうので、源泉徴収やら確定申告の季節に、バックさせようと思っている。

っていうか、会社の必要経費で落として欲しいのが本音だけど、まだ正社員じゃないし、そこまでガツガツ要求して正社員になれないとアレなので、まだ黙ってるって感じ。