手帳を使うときに大事なことは二つだけ


おっす!オラメモ魔!手帳を使うときに大事なことをちょっとメモっておくよ!

◆[結論] 手帳を使うときに大事なことは二つ

1)なんでも書く(描く)こと
2)なんども読み返すこと

以上。
以下は蛇足。

◆[その1] なんでも書く(描く)こと

大きく分けると、
a.スケジュール
b.気づいたこと、感じたこと
この二点につきる。

そのときには、文字だけじゃなくてもいいし、図を書いても、表にしてもいい。
もちろん、イラストを描いてもおk。

その時に大事なことは、「自分が書いて(描いて)メモすること」を忘れちゃだめだと思う。
たとえば、ナニか本を読んで引用したくなった時は、自分の手で書き写すことがキモ!

◆[閑話休題] ほぼ日手帳をスクラップブックのように使っている人

オラは、ここ数年はほぼ日手帳を使っている。
ほぼ日のサイトでは、手帳の具体的な使い方を紹介していて、参考になったりする(こともある)。

けど、今回、ちょっと悪い意味で気になった使い方があったので、メモしちゃう。

ほぼ日手帳2012 spring特集コンテンツから、「みなさんの就活の話、教えて下さい(その1)」より引用する。

デイリーページには1日1枚
気になった新聞記事を貼り付けています。
私はこの春で大学3年生になります。
これから就活を始めるにあたり、
1月から新聞を取り始めました。
実は以前に新聞を取っていたのですが、
全く読まず結局解約してしまいました。
なので、「今回は少しずつでも読もう」と
ほぼ日に1日1枚気になった記事を貼ることにしました。
みなさんの就活の話、教えて下さい(その1)

この記事を読んで、オラは「すごいなぁ」と思うよりも「一生懸命、勉強している風だなぁ」と思った。

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛ガッ∑(ノ`Д´)ノ <<大学3年生

大学3年生は、新聞を読まずに解約したと書いていたけど、オラが思うに、結局この手帳も読み返さない手帳になるよ。

気になったことを手帳にメモするのと、ただただスクラップするのとでは、まるで違うんだ。

  • 手書きでメモする:一度、自分というフィルタを通して、手帳に落とし込まれている。
  • ただスクラップする:「自分」を介さずに、 ただただ記事が保存されているだけに過ぎない。

これ、実際にやってみれば分かるけども、何にも考えずに、ただただスクラップしても、あとで「再利用」ってできないんだよね。

また、写真のようにページをまるまる埋めちゃうように貼ってたら、自分の文章を書くスペースなんて、まるで無いし…。

どうしてもスクラップするのなら、手帳のページを埋め尽くすように貼るのはオススメできない。縮小コピーして貼るなどして、そのワキに、自分の感じたことを書き込むことが大事だよ。

「手帳は自分の分身」だと思うので、自分が抜きにして作られていく手帳は、ちょっと違うと思う。

◆[その2] なんども読み返すこと

手帳は、メモしたことで終了ではなくて、その手帳を読み返すときに、はじめて「役に立つ」存在となるもの。

ちょっと忘れがちだけど、読み返さないなら、手帳にメモしたことは無駄になる。

オラが最近読んだ『図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術』という本には、次のように書かれていた。

手帳は読み返したくなるように書くこと。
読んで楽しくなるようなメモにすること。

  1. 前向きになれる言葉・文章
  2. 褒められたこと
  3. 欲しいモノ、やりたいこと
  4. 調べたいこと
  5. 反省点は「ここが悪かった」と書くのではなく、「こうすべきだった」「次からはこうしよう」と前向きに書く

特に、反省点を「前向きに書く」というのが、オラは知らなかったなぁ。

何度も読み返して、手帳に書いたことを生かすようにしたい。

以上、蛇足おしまい。

広告