MacBookAirをWZR-HP-G300Hに接続するまで


おっす!オラまかー!おらの父親がMacBookAirを購入したよ!

というわけで、MacBook Airで無線LAN(バッファロー:WZR-HP-G300H)に接続するまでの方法をメモっておこう。

まず、ごく基本だけど、MacBook Airにはイーサネットのポートが存在しない。
なので、無線が使えないと、このあと話にならないのよね。

というわけで、おらの元々使っていたMacBookを使って、WZR-AGL300NHのサイトから、「エアナビゲータCD」というのを落としてくる。MacBook AirにはCD/DVDドライブもないので、ディスクイメージをCD経由でインストールできないから。

〈エアステーション エヌフィニティ Giga〉 11n対応 11a&g&b 無線LANブロードバンドルーター | WZR-AGL300NH
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wzr-agl300nh/

ここから、「ドライバ/ファームウェア」→「エアナビゲータCD」に進む。

エアナビゲータCD Ver.13.00(Mac用) (2011年10月12日掲載)
http://buffalo.jp/download/driver/lan/airnavi-mac.html

おらがダウンロードしてきたのは、Ver.13.00(airnavi-1300-mac.dmg)というファイルで、62.9 MBあった。

これを、MacBookのUSBメモリーに入れて、それをMacBook Airに持ってきた。

あとはそのディスクをダブルクリックして、manual.htmlのとおりに作業をすすめるだけで、何も問題はない。

作業のキャプチャはしてないけど、流れだけ書いておく。

  1. エアナビゲータCDの中のMacフォルダを開く
  2. 「AOSSアシスタント」と書かれたアイコンをダブルクリック
  3. 「ソフトウェア使用許諾契約書」がでるので「同意」
  4. 「AOSS開始」をクリック
  5. 管理者ユーザのパスワードを求められる
  6. エアーステーションの本体のAOSSボタンを押す
  7. しばらく待つと設定完了する。

というわけで、わーい!
MacBook Airからこの記事を書いてみてるよ!

Windowsだと変なソフトをインストールしないとだめなのに、同じバッファロー製品でも、Mac版のソフトはスマートにインストールが完了して、すてき。

BGM:なし。

広告

MacBookAirをWZR-HP-G300Hに接続するまで」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: MacBookの時計がずれた→2001/01/01→NTP設定 | 774no874

コメントは受け付けていません。