リブログりぶろぐ


わー、wordpressにもリブログとかあるんだぁ?
おもしろい。

あ、でもこれって、まるっきりコピーしてきちゃうのか。

Tumblrとはこの辺がちがうなぁ。

BGM:マボロシ – ♪ナーヴァス

変わりモンダイアリー

先日とある場所で新潟市長と顔を合わせる機会があったのだが、まぁ、顔を合わせるとは言っても、市政に関して話し合うとかそんなんじゃなくて、ホントにただ単に顔を合わせただけ。
それにつけて思い出させられるのがこのこと・・・

http://kokyokotsu.com/05shurui.html

中の人たちの細かい遣り取りは分からないが、新潟市の新公共交通システムにBRTを導入することが決まってしまった。

今ある道路の中心部2車線を専用レーンとして使用し、連結された大型バスを走らせる方式なのだそうだが、果たしてどれだけの効果があるのだろう?
何となく『導入コストが安いから』で決めたられたような気がする。それに初期の導入区間も何だか中途半端で、あまり意味がないように感じるのは私だけではないだろう。

ただでさえ渋滞する東大通りから柾谷小路にかけての車線減少は、車社会と言われる新潟ではあり得ない暴挙。『市内中心部に行かれる方は公共交通機関で・・・』と言われても、車以上の利便性をBRTに見いだそうとしても何も出てこない。新潟駅ー白山駅の区間のみの運行では、たぶん今までのバスでも十分だろうし、そもそも新潟駅、白山駅周辺の整備もされずに、このまま運行させたとしても従来のバスよりも劇的に利用者が増えるとは考えられない。そもそも『市内中心部は・・・』と言うことはどういうことなのだろう?『その中心部付近に行くためには?』と疑問符を付けざるを得ない。

新潟市のようにそれ程道路の広くない都市での公共交通機関の理想は、道路に影響を与えない地下鉄なのだが、建設コストがケタ外れに掛かりすぎて現実的ではないので、私としては小型モノレールとなることを希望していた。

で、ここからが私の妄想・・・

中途半端な区間で開業させても利便性という観点からはかけ離れてしまうので、最低限でも新潟市の中心部を回る環状線。具体的には[新潟駅ー万代地区ー古町地区ー市役所前ー関屋地区ー県庁前ー女池インター付近ー市民病院前ースポーツ公園ー長潟地区ー紫竹地区ー新潟駅]くらいの環状線でなければ作ってみても意味がない。これには交通の基幹となる新潟駅と商業地区、行政機関、公共医療施設、スポーツ施設、住宅街などを1本のレールで繋いでいることに意味がある。

この際重要になってくるのが、それぞれの駅周辺を整備しその各駅がハブとなるということ。「パーク・アンド・モノレール・ライド」を推進させるために駐車場を整備するのもいいだろう。それに現状新潟市のバスの多くは、新潟駅、万代バスセンターが始発点となっている。これを極端に言うと新潟駅始発のバスは、市役所・県庁などの主要施設への路線や高速バス、空港直行バスなどを除いてほぼ全撤廃。万代バスセンターも北、東方面への郊外線以外は撤廃することにする。
そして郊外へのバスは、例えば青山、寺尾、新潟大学、内野方面のバスは関屋を始発としたり、白根・西蒲方面へは市民病院前を始発としたり、中野山、亀田方面へは長潟を始発としたりする。

また、この環状線に囲まれた地域を走るバスにしても、新潟駅へと集中させるのではなく、女池インター発紫竹着という風に各駅間を結ぶ短い路線とする。もちろんモノレール駅間の停車場をカバーするために駅間のバスも走らせるわけだが、モノレール敷設の道路を走るバスは基本的にこれだけ。
こうすることによって、このモノレールを敷設してある道路については、なんでもかんでも走らせていた従来のバスの台数が減り、モノレール建設で減少した車線分の交通量は吸収されるはずだ。

そして利用者の懐を考えると、今だって新潟交通の郊外線の運賃はかなり高い。それが最寄り駅までとなれば当然運行距離も短くなるのでバス運賃は下がり、モノレールを乗り継いでも従来の運賃とはそんなに変わりはなくなるはずだし、またそうした努力をしなければならないだろう。
また、運行時間も終電を0時くらいにすれば、例えば夜古町で飲んで黒埼まで帰るとしよう。今までなら古町から黒埼までをフルでタクシーに乗らなければならないが、古町から市民病院前までをモノレールで、そこから先をタクシーでと乗り換えれば、これはかなりの安上がりになるはずだ。そうなれば繁華街で金を落とす人も増え、地盤沈下の進む古町地区の活性化も望めるはずだ。

『建設コストが・・・』と言われるかもしれないが、より安いBRTの費用対効果だって怪しいもので、結局安物買いの銭失いにもなりかねない。何たって利用者の心情を理解してないからね。
本当に必要ならば金はケチっちゃあいけない。少しくらい無理してでもこれくらいのものをど~んと作らなくては、“まちづくり”と“利用者の利便性”は両立できないのではないかと思う。

元の投稿を表示

広告