★USBの方向を二度と間違えない方法★

おっす!おらUSBの方向音痴!

USBって、差し込む方向が決まっているので、とてもややこしいと思うんだよね。

そして、よく方向を間違えて、「あれ?差し込めない」「いや合ってる?」「やっぱりダメ?」ってなることがある。

そんな人のための方法を考えてみたよ。

2016-11-27 07.23.33.jpg

用意するもの:★のシール

おらのやり方はとても単純で、USBの差し込み口に、★星のシールを貼る、というもの。

最初に、USBのオスとメスを差し込んだ状態で、★をオスとメスの両方に貼っておくのよ。

そうしておくと、次にUSBを差し込むときには、★と★目印に合わせるようにすれば、差込口の方向が合っている、ということになるの。

逆に、どちらかの星が違う方向を向いていたら、その向きではUSBは差し込めないよ(当たり前)。

これで、USBの差し込みの方向が分からなくて、数秒を無駄にするとか、USBの差し込み口を覗き込むとか、イラッとすることも皆無になるよ。

たとえば、Bluetoothのヘッドホンなどは、USBの端子も小さいし、抜き差しする頻度も高いので、これが★を目安にスッと差し込めると、意外と気持ちいいよ。

今後のUSBの規格が、すべてタイプCみたく、差し込みの方向が関係なくなるんであれば、この★の方法も不要になるんだけどね☆

おためしあれヽ(゚∀゚)ノ

MacBook AirからMacBookへの引っ越し備忘録

おっす!おらマカー。

もうすぐ、新しいMacBook AirかProが発売されるという、いまのタイミングで、MacBookを買ったよ。

それで、手順というか、やったことを、メモしていこうというあれ。

備忘録的な、もしくは、個人的なタイムライン。

  1. MacBookに電源をいれる。
  2. も、無線LANのパスワードを覚えてなくて、無線の設定はあとまわし。
  3. なら、AOSSで接続するかーと、前のMacBook Airを使ってバッファローのページで、AOSSのクライアントの方を持ってくる。
  4. http://buffalo.jp/download/driver/lan/airnavi-mac.html
  5. それを、デジカメのUSBに書き込み
  6. それを、MacBook に接続して(USB-C〜USBのアダプタは買っておいた)、AOSSソフトを起動。
  7. しようとするけど、うまく起動できない。
  8. AOSSによる接続をあきらめる。
  9. うちのルータにログインして、無線のパスワードが書かれてないか、設定を見てみる。も、よくわからん。
  10. Evernoteに、いまのうちの無線のパスワードが書いてないか、確認する(ていうか、これを最初にやっておけば)
  11. 無線のパスワードが書いてあったので、それを、MacBookに入れてみたら、あっさり無線接続できた。
  12. 新しいMacBookで、時計の設定をする(NTP ntp.jst.mfeed.ad.jp)を設定する。ついでに、時刻読み上げを入れてみる。
  13. 旧MacBook Airに、時刻読み上げを入れてみる。深い意味はない。
  14. 次のページをみる⇢。コンテンツを新しい Mac に移動する – Apple サポート https://support.apple.com/ja-jp/HT204350
  15. 新MacBookを共有するときの名前に、Aphrodite(女神様あ!)を設定する。
  16. Appleのソフトのアップデートをした方がいいみたいだったので、アップデートをする。
  17. MacBook再起動
  18. MacBookに、アップルのID(iCloud関連)を入れると、旧MacBook Airとかで、認証がどうのこうのいってくるので、OKにする。
  19. アップデートが残っていたようで、やる。
  20. 6:44 なう。アップデートまだ終らないなぁ。
  21. 旧MacBook Airは11インチで、新MacBookは12インチのRetinaなのだけど、画面の違いは、まだ、正直、そこまで違いが分からないなぁ。
  22. キーボードが違うのは、すぐにわかる。このMacBookの感じは、なれるのかしら?
  23. 次のページをみる⇢。新しい MacBook にコンテンツを移動する – Apple サポート https://support.apple.com/ja-jp/HT204754
  24. 終わったはずのアップデート、Keynote、Numbers、Pagesを、さらにアップデートしようとするのは、なんでだ?という無限ループってこわくね?
  25. 7:01なう、アップデート終わったっぽい。
  26. Wi-Fi接続で移行する。をためすので、移行アシスタントを使ってみる。

一旦、ここまで(07:02)。

—-再開—-

データの引っ越し最中の写メはこんな感じ

こっちから、あっちへ転送中

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

  1. 08:12なう、データのお引越し完了。
  2. さっきまでは、旧MacBook Airからこのブログを書いていたけど、いまは、新MacBookから続きを書いているのよっと。
  3. ウィルスソフトカスペルスキーも、Google日本語入力も、Chromeなども、ちゃんと移行されているっぽい。
  4. 旧MacBook Airのデータはまっさらになるのかと思ったら、そうではなく、そっちには、データが残っているのか。
  5. このあたりは、3DSのデータお引越しとは違うのね。3DSのは、きれいさっぱり初期化されるから。
  6. 新MacBookのホスト名は、MacBookになっちゃってた。いやいやだから、Aphroditeだってば。
  7. Dropboxのユーザとパスワードは聞かれてきたな。
  8. Dropboxは、電話にコードが発行されるので、それを入れる。
  9. お引越し完了したみたいだな。
  10. (∩´∀`)∩ワーイ

お引越しおわた

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

—補足—

09:02なう。

  1. 旧MacBook AirのiTunesのアカウントの認証を解除しておく。
  2. 旧iTunesのiPoneとの自動同期を解除しておくこと
  3. 新MacBookで、iTunesのアカウントの認証をするおと
  4. 新iTunesで、iPoneの同期ができることを確認すること

これやっておかないと、同期が変なことになると、めんどくさい。

2017年のほぼ日手帳は『weeks フランスパン』に決めた!

おっす!おらメモ魔。

大抵のことは、すぐに、秒殺で忙殺するくらいに、記憶力がないよ。

だから、なんでもメモしておくの。

来年の2017年のほぼ日手帳を買ったこともメモしておくよ!

2016-09-02 01.01.37

◇ネットの写真と実物の違い(選び方)

ほぼ日手帳を買うようになって、いつもは1101.comのストアで買っていたのだけど、今回はloftで買うことにした。

ネットの写真だけだと、とにかく、色がわからなかったのが、2017年の手帳選びだった。

2016年はオリジナルのサイズを使ってきたので、2017年もオリジナルにしようかとも思っていたのだけど、ピンとくる色が無かったんだよねぇ。

ジェントルボーダー』は、少し迷ったところなのだけど、写真によっての色がだいぶ違って、イメージができなかった。

002e80f7-68ef-4bce-8c84-8f8073de45a9

たとえば、サイトの写真から引用すると、↑こっちの色(A)のイメージだったら、ぶっちゃけイラナイけど。

4cfe8f11-0eeb-4327-bc8e-c91211015718

↑こっちの色の感じ(B)だったら、欲しいかも、という気持ちだったのよ。

それだったら、店頭に行って、実物を見るしか無いなということで、9月1日の発売当日の仕事帰りに、loftに寄ってみたよ。

結果、『ジェントルボーダー』は、(A)の色の感じだったので、買うのやめた。

他のカラーも、店頭でみると、どれもこれも、ピンと来なくて、

の実物は、心が踊らなかった。

実際に見て、可愛くて欲しくなったのは、↓これ。

しかし、おっさんであるおらが、会社の会議とかで、この手帳を開くのは、さすがにちょっと可愛さのレベルが高すぎた。

そんな中で、『weeks フランスパン』は、可愛さもギリギリおっさんでもセーフか?というラインだったので、これにした。

パンの柄が遊びゴコロもありつつ、サイズは長財布くらいだから、お手頃のサイズだしね。

しかし、これも、ほぼ日手帳で使われている写真は、どれもこれも、違いすぎて、実物の色のイメージがつきにくいよなぁと思う。

食卓に並んでいたりするイメージ映像の写真は、全く当てにならなくて、ただ手帳だけが写っている写真が、実物に近いかな。

これは、他のシリーズにも言えることだけど、使い方イメージの写真ではなく、手帳単体の写真を参考にした方がよい。

◇2016年(日曜始まり)と、2017年(月曜始まり)のカレンダー

実は、2016年のほぼ日手帳は、中身を「日曜始まり」を使っていたのだけど、これはおらにとっては初めての試みだった。

結果、これは大正解の選択だった。

世の中のカレンダーは、基本的に「日曜始まり」であるため、カレンダーを見ながら手帳に予定を書き込むときに、すごくスムーズだったから。

逆に、誰かとスケジュールを調整しようとするときに、自分は手帳を見つつ、相手には普通のカレンダーを見せつつ話するときにも、手帳とカレンダーが「日曜始まり」で統一されているので、とてもスッキリしていた。

これは、オリジナルの「日曜始まり」の、とてもナイスでグレイトな強みだと思う。

実際、2016年の「日曜始まり」は本当に使いやすかったので、2017年も「日曜始まり」の手帳が欲しかったのよね。

しかし、残念ながら、2017年のオリジナルのカバーに、魅力的なモノを見いだせなかったので、消去法で『weeks』になった感じがある。

また、『weeks』には、「日曜始まり」は存在せず、「月曜始まり」しかないので、カレンダーとの連携は、少しギクシャクすると思うんだ。

「日曜始まり」と「月曜始まり」を使い比べてみたら、そのギクシャクに気づくと思うのだけど、いままで「月曜始まり」しか使ったことがない人には、実感できない些細な点かもしれないな。

2017年の手帳を使いはじめるタイミングで、Google Calendarや、iPhoneのカレンダー表示も、「日曜始まり」から「月曜はじまり」に変更しておかなくちゃならないな。

また、手帳とカレンダーのギクシャクするのを徹底するなら、身の回りから、「日曜始まりの2017年のカレンダーを消去する」という手もあるかな(いささかやり過ぎ)。

◇weeksにオプションを付けるなら

オススメは、やはり、ほぼ日手帳の『クリアカバー(weeks用)』だ。

ペン差しを使うかどうかは別にして、手帳を汚れなどから守る意味では、あった方がイイと思う。

それと、ほぼ日手帳の文具ではないけど、ミドリの『クリップバンド』は、手帳にバンドが付けられてナイス!

『weeks』と合わせるなら、『クリップバンド B6用』が、ジャストフィットサイズだよ。

loftでは、ほぼ日手帳のコーナー近くに、いろんな手帳グッズが並べて置いてあると思うので、きっと『クリップバンド』も、その中に並んでいると思う(おらもそれで買った)。

商品紹介へは、下記の画像にリンクをはっておいたよ。

2015_17_main_pic

◇2017年の手帳セットはこれ☆

ということで、来年の手帳セットが決まったのであった(キラッ☆)。

2016-09-04 20.02.51.jpg

写真左:2017年『weeks フランスパン』 / 写真右:無印良品『上質紙滑らかな書き味ノート』+2015年『MOTHER2 Onett』

『weeks フランスパン』に「スケジュール」を書いて、右はなんでもメモ用になる予定だよ。

2016年の手帳セットに引き続いて、黄色のラッキーカラーを身につけていく感じで!

これから、ほぼ日手帳を買おうか迷っている人は、なるべく、実物を見るのをオススメするよ(2017年版の写真は、ホントにアテにならないからネ)。

2

大腸検査を受けてきた長い話

おっす!おら便潜血っこ!

会社の健康診断で、「便潜血=便に血が混じっている」ということで、「要再検査」になったよ。

で、大腸検査を受けるという、せっかくのネタなので、書いてみるよ。

◇結論:異常なし

いきなり、ネタバレというか、オチから書いてしまうと、検査の結果「異常なし」だったよ。

いや、ちょっとビビっていたし、タイミング的には、夏休みの旅行の直前の検査だったから…。

最悪の場合は、気持ちが沈んで、夏休みになるところだった。

今日の先生からも、「綺麗な腸です。問題ないです」とお墨付き&、自分の腸内の写真をA4用紙で数枚もらったよ。

で、結論を先に書いたのだけど、以下は、汚い話とかの蛇足。

ま、蛇足がメインかもしれないけども。

蛇足は長文なので、<折り返し>しておく。

続きを読む

Symphonic Suite AKIRA 2016 試聴会レポ

おっす!おらAKIRA世代!

AKIRAの音楽をはじめて聴いた時、多国籍というか、異国文化というか、そういう独特な雰囲気が好きだった。

そのAKIRAの音楽が、新しい音源を重ねあわせて、新たな音声作品として発表された。

その試聴会『ハイパーハイレゾ版「Symphonic Suite AKIRA 2016」』に、当選したので、行ってみたよ。

2016-07-28 23.21.49

場所は、オンキョー八重洲ビルの2Fで、7月28日の19時から開催された。

事前に申し込みをして、当選した人だけの限定イベントだったよ。

音の技術的な話は、ざっくりしか分からないけど、いままでのCD音源では、人の可聴域だけが収録されていた。

それが、人の可聴域を超えた範囲の、高周波の成分を聴くことで、身体にも脳にも、まったく違う効果をもたらすという。

まあ、そういう技術的な話はあるのだけど、その詳しい説明は、ここでは置いておいて、だ。

おらが聴いた時の印象を、述べておきたい。

あ、ちなみに、会場のスピーカーのシステムは、GENELECの大型のスピーカーと、スーパートゥイーターという「高周波の成分を再現できる製品」を用いての試聴会だった。

2016-07-28 21.19.50

試聴会では、CD音源から、それをなんちゃら形式にしたものから、最終的にスーパートゥイーターを入れたバージョンまで、色々と視聴があったのだけど、その違いは圧倒的だった。

おらは、耳がイイワケでもなんでもないけど、その違いは、「耳ではなく、身体で分かる」ものだった。

解説でも先生方が述べられていたのだけど、耳で聴く帯域と、身体で感じる高周波の帯域は、それをセットで聴くことで、いろんな身体への変化(活性化)が現れるんだそうだ。

でも、聴けば、それは、体験として、実感できる。

CDの音は、本当に「耳が聴いている」って感じなのだけど、『ハイパーハイレゾエディション』では、体の細胞が「びっくりして目覚めた」のが分かるのだ。

言葉ではうまく言えないけど、身体で感じる音って、これかあ、っていう初めての体験だった。

たとえば「音の臨場感」をつたえるときの表現でさ、「目の前で演奏されているような感じ」ってあるでしょ。

でも、『ハイパーハイレゾエディション&スーパートゥイーター』の環境では、「目の前で演奏されているような感じ」を超えていて、「自分がどこにいるのか分からなくなるレベル」なんだわ。

『鉄雄 TETSUO』とか、目をつむって聞いているとさ、「映画の中の一場面」がありありと脳内再生されるだけじゃなくて、博士が超能力のエネルギー波に怯えつつも、触りたくなる衝動の、あの場面に「立ち会っているかのような」そんな錯覚になる。

他にも、いろんな曲を聴く度に、映画の世界の登場人物になったかのような、体験をさせてもらった。

ちらっと目を開けて、前の人をみたら、音楽に「ビクッ!」と身体を反応させてたのをみて、微笑ましかった。

2016-07-28 21.21.01

めちゃめちゃすてきな試聴会だったけど、あのシステムを、自宅で再現するのは、至難の業かもな。

まず、『ハイパーハイレゾ』は、ヘッドホンで聴いても意味が無いらしく、スピーカーから鳴らして、「身体に聴かせて」はじめて、脳への効果がダイレクトに現れてくるらしい。

まだ、その理由ははっきり分かってないっていう話だった。

おらが、妄想するなら、低周波や高周波治療の器具を、身体の全身で浴びているかのようなのが、『スーパートゥイーター』を含んだ音のようだった。

でも、たんに、高周波を聴くだけじゃだめらしくて、ノイズじゃだめだし、可聴域無しでもダメなんだってさ。

むつかしい話は分からないけど。

試聴会が終わって、会場の外に出たら、目の前にはビルがそびえ立っている。

ちょっとこれはAKIRAっぽい演出としては、いい締めとなっているな。

その勢いで、バイクに乗って、走り出したくなるような、そんなイベントだった。

2016-07-28 21.25.29

ACアダプタの見分け方

おっす!おら鳥頭!

記憶に関する脳みそは、空き容量がほぼゼロだよ!

そのため、ACアダプタが2つ挿してあるだけで、どちらがどの製品なのかさっぱり分からない。

それを解消する方法を考えてみた。

◆やりたかったこと:ルータの再起動(のためにACアダプタを見分ける)

ルータのアクセス状況が悪かったので、ルータを電源から再起動したかった。

しかし、コンセントがタコ足になっていて、似たようなACアダプタがあって、どっちがどっちか一目では分からなかった。

◆解決策:☆を付けた(目星)

ルータに目星をつけるため、「☆」のシールを貼り付けた。

そこから、ルータの電源コードをたどっていって、ACアダプタにも「☆」シールを貼り付けた。

一回だけは、電源コードをたどっていって、どれがルータのACアダプタなのかは、見極め無くてはならない。

でも、これで次から、ルータのACアダプタは一目でどれか分かるのだ。

(∩´∀`)∩ワーイ

もし、「☆」シールがなかったら、インデックスのシールでもなんでもいいのよ。

マルチビタミンの効果(個人の感想)

おっす!おら肥満児!

児童ではないけど、かなり太ってきている。

まあ、そんなおらなのだけど、最近、『DHC マルチビタミン (60日分) 60粒[AA]』とやらを飲んでいる。

これ、あまりなにも期待していなかったのだけど、効果が実感できた。

目に見えてわかった効果は、たったひとつなので、それだけお話したい。

残念ながら、ダイエット効果ではない。

けっこう、いいじょ

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

◆効果を実感したのは「眼球が白く」なること

いや、いや、これは意外!

実際、マルチビタミンの効能に「眼球を白くする」というのは、なさそうだ。

マルチビタミンの中に含まれる『βカロテン』という成分が、疲れ目に効く、ような書き方されているけど。

まさか、ここまで「眼球が白く」なる、とは思ってなかった。

おらは、基本的に、濁った目をしている。

常に、目の白いところに、血管が浮き出るような感じになっていて、いつも茶色というかくすんだ色をしていたのね。

それが一昨日くらいに、鏡を見て気づいたのだけど、明らかに「目がキラキラ」しているのだ。

以前が、くすんだ赤っぽい、眼球の白さ、だったものが。

今は、うっすら青いような、眼球の白さ、になっている。

驚きの白さ!(洗剤かな)

この効果の程(以前と今を比較して)を、お見せできないのが、なんともはがゆいのだけど。

実際、おらを知っている人に、おらの目が白くなったことを、見てほしいくらいだ。

ちなみに、マルチビタミンを飲み始めたのは、日記によると、6月24日よりは、前のようだ(参:錠剤のサプリ | 日記かな)。

今日が、7月9日なので、飲み始めてから、ざっくり2週間くらいかな。

目に良さそうなことって、他にしてないので、マルチビタミンの効果だと思うぞ。

おらはDHCを試したのだけど、まあ、どのメーカーでも似たようなものじゃないかな(試してないので分からないけど)。

もし「死んだ魚のような目をしている」と、誰かに言われたことがある人には、このマルチビタミンをオススメしたい。

About_beard
引用:バックベアード – アンサイクロペディア