0

人生初の落語体験『渋谷らくご』に行ってみた

おっす!おら落語の初心者。

おらは、最近になって、落語の面白さに目覚めてきたのだけど、普段はSpotifyで聞いたり、ラジオで英語の落語を聞いたりしていたよ。

そんなおらが、お友だち(halkc)に落語に誘われたので、行ってみたよ。

初心者でも楽しめる「渋谷らくご」
http://eurolive.jp/shibuya-rakugo/

おらの落語初体験は、渋谷の「ユーロライブ」という場所で行われている『渋谷らくご』だ!

引用:ユーロスペース・Wikipediaより

■11/9(土) 17:00-19:00の演目

柳家小はぜ………………蔵前駕籠
立川寸志…………………将軍の賽
玉川奈々福、沢村美舟……金魚夢幻 (浪曲)
春風亭一之輔………………味噌蔵

渋谷らくご 公式サイトより
『渋谷らくご』でもらったチラシよりコラージュ

■駅からのルートと入場について

おらは、渋谷駅からGoogleマップの言われるがまま、向かってみたのだけど、見えてくるのは「ラブホ」「ラブホ」「18禁のお店」「ラブホ」という、まさにカップルがこれからエッチ目的な時に使うルートという感じだった。

事前に確認しておかないと、「え?こんなところに、演芸場があるんか?」というような、女性と行くと気まずい場所を通ることになってしまうぞ。オススメは、「渋谷東急」や「松濤郵便局」の近くから、「ユーロライブ」へとたどり着くルートがよいかも。

開場より前の時間に着いたのだけど、チケットに書かれた整理番号の順番に入場するよ。

整理番号が早かったので、前から6列目の席の、ど真ん中に座って見ることができたよ。

■演目のひとこと感想:

★柳家小はぜ………………蔵前駕籠
→駕籠をつかって吉原に行きたい人と、それを狙う追い剥ぎとのお話。小はぜさんのめちゃくちゃ落ち着いた感じと、駕籠の担ぎの演技が楽しい。


★立川寸志…………………将軍の賽
→ペリー来航のときに、江戸の幕府のどたばたコメディ劇。本当に歴史のなかであった話なのかな?と思ってしまう。寸志さんの楽しそうな演じ方が印象的。


★玉川奈々福、沢村美舟……金魚夢幻 (浪曲)
→金魚のファンタジー浪曲。浪曲をみたことない人います?と挙手したのが、おら達だったので、「アナタのためにやります(どどん!)」みたいなスタートだった。奈々福さんが圧倒的に金魚に見えてくる。おらはほんのちょっと泣いた。声量の強さすごすぎる。三味線の美舟さんの合いの手「ぁン」が可愛い。


★春風亭一之輔………………味噌蔵
→ケチな店主とそのまつわる人々の話。一之輔さんは、渋谷らくご(シブラク)5周年の立役者とのこと。どがちゃかどがちゃかしてた。「かつ煮」をつくる熱演に、盛り上がった会場から拍手が沸く。一之助さんの物語に引き込まれると、自分も登場人物の一人の気持ちになってしまう。

■「落語&浪曲」と「映画」について

落語も浪曲もだけど、聞き手のイメージによって完成する物語なのよね。

演じ手がつむぐ言葉や動きによって、聞き手の脳の中に「はっきりとイメージが結びつく」瞬間が、とにかく気持ちいいの。

一方で、映画の場合は、送り手が作り出したイメージと音楽が10割で、観客があくまで一方的な受信者でしかないの。

だから、落語を楽しめるのは、受け手(聞き手)の脳内イメージというか、妄想力が高いほど、より楽しめるのだと思う。

また、登場人物のなかで、誰に共感するかというかシンクロして見られるか、というのも面白い。

登場人物の多様性を楽しむというのも、今の世の中の「多様性=ダイバシティ」を重視するというのに、一周回って落語がマッチしているのかもしれないね。

最近は、落語が復活してきているらしいけど、見に来るときには「友だちを誘って見に来て」ということだった。

おらも、落語好きの人を広めていきたいと思ったので、こんな記事を書いてみたよ! 

関連:Twitter @shiburaku

■蛇足:お食事について

落語が終わったあとは、渋谷にある「魚金」さんで食事をしようとしてたのよね。

演目の中に『金魚夢幻』というのもあったから、まさにピッタリだね!ってことで。

が、土曜の夜ということもあって、お店が満員で入ることができなかった。

機会があればまた、行ってみたいところなので、メモ_φ(・_・

渋三魚金 – 渋谷/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

GARMIN vívosmart 4 を買った

おっす!おらライフロガー!

本日、ガーミンのvívosmart 4を買いましたよ!

今までは、vívosmart 3を使っていたのだけども、今日、ブチ切れてしまったのよね。

左が3。右が4の比較。

男性だとLサイズを買うしかないのとヨドバシカメラの店員さんに言われたよ。

Lサイズは黒しかないので色が選べなかったのは、ちょっと残念!!

3を買ったときには、2017年7月5日で、4を買ったのが2019年10月17日ということで、ほぼほぼ2年ということだね。

16,482円(税別)ということで、ヨドバシカメラのポイントがあったので、もうすこし安く買えたよ。

おそらく2年くらいは使い続けると思うので、これからよろしくお願いね!

おらは、iPhoneSEと接続して使うのです。

惑星のさみだれに学ぶ大人論

おっす!おら大人!

大人とは…?という問いに対して、明快な「大人論」を、ご紹介してみよう。

水上悟志『惑星のさみだれ』の2巻より。

朝日奈さみだれ「大人ってのは お父さんや 東雲さんみたいに 人生楽しそうにしてる大っきな子供や」「ああいう笑顔を子供に向けれる人が大人!」

東雲半月「大人が笑うのはな 大人は楽しいぜって 子供に羨ましがられるため」「人生は希望に満ちてるって 教えるためさ」「…おれの大人論 ひひひ」

水上悟志『惑星のさみだれ』2巻 P79

まさに、めちゃめちゃ大人が楽しそうにしている瞬間を、子供たちに見せることができたら、「大人論」を実践できているってことなのかもしれない。

逆に、大人が「辛い。苦しい。しんどい」って、子供に言い続けたり、見せ続けていたら、子供たちは「大人になんてなりたくないなぁ」とは思うだろうね。

どんどん「大人は楽しいー」と感じて、見せていきましょう。

そんな曲:エレファントラブ ♪大人は楽しい (Spotify)

小ざさの羊羹を買ってみようの話

おっす!おらブロガー!

ブロガーなのに、ブログを更新しないままでいたのだけど、今日は、「小ざさ」の羊羹を買ってみようってことだ!

「小ざさの羊羹ってなんだ?知らないが!?」の人は、まあ、知る機会になればっていうことで。

買いたい人は、このまま下を読み進めてみて。

小ざさの羊羹

さて、『小ざさの羊羹』っていうのは、何か?というと、まあ、そのまんまの意味で『小ざさ』というお店で売っている『羊羹』のことなのよね。

この『小ざさ』では、二つの商品を売っていて、それが「最中」と「羊羹」だ。

そして、「最中」についてはネットでも通販されているのだけど、『小ざさの羊羹』は、ネットで買うことができない商品として、有名なのよね。

じゃあ、店頭に行って買えばいいじゃんって話なのだけど、この羊羹は1日に限定で150本だけが作れらている。

それを買いたい人が、『小ざさ』の店頭に行列ができるわけなのだけど、具体的にはどんな感じ?というのを書いてみたい。

ちなみに、「最中」は、店頭に行けば、いつの時間でも買うことができるので、並ぶ必要はないのです。

☆小ざさの羊羹を買うまでの流れ

ではまず、小ざさの基本情報からいうと、場所は東京は吉祥寺駅のそばのアーケードの中にあるお店で、開店時間は10:00〜19:30までだ。

じゃあ、開店時間の少し前から並べば買えるのでは?と思いきや、そうではない。

羊羹は限定で150本のため、それを買いたい人が長蛇の列になってしまうと大変なので、整理券が配られている。

では、その整理券が配られる時間は何時かというと、だいたい8時くらいだという。

今回初めて、羊羹を買うために、おらも足を運んだわけだけど、「小ざさの常連さん」がめちゃくちゃいて、その人たちが教えてくれたのだ。

では、8時少し前に、整理券をもらいに行けばいいじゃん?ってなるけど、それもそうではない。

限定150本の羊羹は、一人3本までしか買うことができない。

そのため、単純に計算すると、150本の羊羹を3本ずつ買ったとすると、50人で売り切れてしまう可能性があるってことで。

8時の整理券の配布の時には、すで50人以上並んでいるってこともあるのだ。

実際、おらが買った時にも、50人に達していたようだ。

では、おらは何時から並んだのかというと、6時だ。

おらは整理券が何時から配布されるか?とか事前に調べて行かなかったので、なるべく早く並んだ方が良いと思って6時にお店に行ってみた。

しかし、そこには、すでに行列ができていたっていうね!

で、本当に最初の最初に並んでいる人とかは、5時くらいから並んでいるみたいだ。

マジか!?

あと、みんな、小さな椅子を持ってきているのに驚いた。

絵を描く人や、アウトドアで使うような、折りたためるタイプの椅子を持ってきている。

マジか!!!?

もっとすごい人は、どこからから「折りたためないタイプの木の椅子」を二脚くらい持ってきて、それに腰掛けているのよ。

このアーケードのどこかに、椅子を貸してくれる人(お店?)があるってこと?っていうね。

マジかよ!!??

驚きの連続である。

しかも、『小ざさ』のお店に、とにかく一列に並べば良いという話ではないらしい。

アーケードを挟むようにして、列があっちとこっちとに並んでいるのだ。

それはどうも、お店によって搬入があったり、朝早くから開店するお店があったりして、そうしたお店の前には列をつくらない、というのがルールになっているようだ。

それも常連さん達に聞いた話だ。

ちなみに、常連さん達の年齢は30代くらいのおにーさん・おねーさんもいるけど、基本的には70くらいのおじーさん・おばーさん達が大半だ。

で、常連さん達は、もう、皆さん顔見知りのようで、お互いの携帯電話番号を交換しているんだって。

マジかよ!!?

で、おらが並んだ6時過ぎに、電話をかけてみたりしていたよ。

朝の6時過ぎに、躊躇なく電話をかけるというその行為が、さすが70代の時間感覚!

6時には、相手も「当然起きている」ということに、疑いの余地が一切なかったよ。

ちなみに、本当に『小ざさ』で並ぶ時には、椅子か、せめて新聞紙かを持って行って、座れるようにすると楽かもしれない。

おらは立ったまま、『ブッダが説いたこと(岩波文庫)』を、6時から8時過ぎまで読んだりしてていたよ。修行かな?

常連さんに聞いた話では、日によって、並ぶ人の数はバラバラらしく、7時前にすでに50人が並んでいることもあるんだって。

逆に、8時くらいになっても、50人いかなかった時もあるんだって。

でも、どうしても『小ざさの羊羹』が食べたいのなら、なるべく早めに並ぶのがいいかもね。

こうして、8時過ぎに整理券が配られるわけだけど、それも、『小ざさ』ならではの整理券だった。

☆小ざさの整理券

8時過ぎになると、先頭の方の人が椅子を折りたたみ始め、立ち上がり始める。

どうやら、小ざさの整理券が配られる雰囲気だ。

でも、ただ番号が書かれた紙が配られているようでは、無さそうだ。

おらの順番になって、整理券を配布している男性からいくつか質問を受けた。

  • Q1:何本買いますか。最大で3本までです。
  • Q2:何時頃から並ばれましたか?
  • Q3:お名前(フルネーム)
  • Q4:お電話番号

これらのことを聞かれて、整理券に、それらが書かれていく。

で、複写するようになっていて、その複写された方の側を、整理券として渡されるのだ。

宅配の荷物でつける伝票のようなもの、と思えばわかりやすいかしら。

整理券のサイズは、ちょうど文庫サイズだった。

その整理券には、「お名前」と「電話番号」だけが書かれていなくて、自分で書き留める必要がある。

なぜ、そうしているのかはわからないが、もしかしてだけど、転売の防止なのかしらね。

整理券の有効期限は、その日のうちまでで、整理券を受け取った人たちは、吉祥寺のどこぞへ消えて行った。

が、後から聞いた話では、常連の皆さんはみんなでガストに行って、『小ざさ』が開店する10時まで時間を潰しているのだそうだ。

☆むすびと常連さんへの道

『小ざさ』に並ぶ人は、印象としてはほぼ8割くらいは、リピート客のようだった。

なぜなら皆さん、座るための何かしらの道具を用意してきている人ばかりだったから。

で、常連さんの中には、ほぼ毎日来ている人(おじーちゃん・おばーちゃん)もいるみたいだ。

仕事かな?

いや、病院の待合スペースのところで、おしゃべりしている人たちのような印象もあった。

お話しできる場として、常連さんは並んでいるような印象もあった。

さて、そうして並んで羊羹を3本ゲットしたわけだけど、まだこのブログを書いている時点では、おらはまだ食べていないのよね。

『小ざさの羊羹』を手に入れた皆さんも、家族や、大切な人へお土産にするんだろうね。

最後に、食べ時のこと。

常連さんは、熟成されるまで待ってから食べるんだそうで。

今日買った羊羹はすぐに食べずに、前に買っておいた羊羹を食べるんだって、言ってたよ。

仕事の評価軸について

おっす!おらサラリーマン!

サラリーマンをしていると、会社の同僚や上司について、「評価」することがあるのだけど、それについて、感じたことをメモっておくよ。

一般論じゃなくて、主観的に、おらがそう感じるっていう話よ。

(‘A`)マンドクセ と思った愚痴よ!

◆男性が評価するときの軸(二次元)

男性が、会社の同僚や上司を「評価」するときの軸は、主に二つあると思う。

1つは、その人物に対する「能力のある・ない」という点。仕事ができるかどうか、と言い換えることもできる。

2つめは、その人物に対する「性格の良し・悪し」という点。これは、自分にとってソリが合うかどうかの、相性的な意味とも言い換えられるな

評価の基準は2つの軸(能力,性格)で表せるとすると、x軸とy軸の二つの軸を持った二次元のグラフでも表せそうね。

まあこれは、客観的に見えるけど、でもその実は、(自分から見て)評価する対象の人がどう見えるかっていうだけなのだけどね。

◆女性が評価するときの軸(三次元)

一方で、女性が、会社の同僚や上司を評価するときの軸には、主に三つあると思う。

1つは「能力」、2つめは「性格」で、これらは男性が評価するときと同じと思う。

3つめは、その人物がどういう「容姿」なのかという点である。

・生まれ持っての容姿が、美人なのかブサイクなのか。

・ファッションセンスや、お金をかけているかどうか。

・美容にどれだけお金をかけて、加工しているかどうか

これらの「容姿」についてが、女性が評価するときには大きなポイントになっている。

評価の基準は3つあり(能力,性格,容姿)で表せるとなると、x軸とy軸とz軸の三次元のグラフになるのだ。

そして、この第三の「容姿」についての評価が、女性にとってはとにかく重要になっている点が、男性の評価基準とはまるで違う点だ。

◆男女で評価軸がずれる

ある人の評価をする時に、その話を詳しく聞いてみると、男女で見ているところが大きく違っているのに気づくことがある。

男性から見て、Aさんがどういう人かというと(能力,性格)から見て「良い人(良くない人)」だなーとなる。

女性から見ると、Aさんがどういう人かというと(能力,性格,容姿)から見て「良い人(良くない人)」だなーとなる。

そして、女性から、女性を評価するときの話に限っていうと、「容姿」がとにかく第一優先の評価基準になっていたりするのだ。

男性からみると、本当にどうでもよい点なのだけども、女性にとってはとても重要な点になっている。

例えば、付けまつげをどの程度盛っているかや、その頻度、どのお店に行っているか。

あるいは、ファッションはどういう物を身につけているか、いくらぐらいか、似合っているかどうか、とか。

美容にはいくらぐらいかけているか、そのかけた結果あれぐらいなのか、とか、エステやなんやらにお金をかけているかどうか。

髪型や、肌の色つや、などなどなどエトセトラ、この辺りが、非常に(‘A`)マンドクセ 評価基準があるのだ。

ある意味では、「嫉妬」からスタートした評価基準を、持っている。

なので、男性と女性とで、同じ人を評価して話し合おうとしても、割と不毛なやりとりになる。

男性から見たら(能力,性格)で、対象となる人を評価したいのだけど、女性から見たらそれらは二の次三の次であり(容姿)がどうなのかが、大きなファクタになっているくらいだ。

◆女性にとっての第4項目(タブー)

女性が女性を評価する時には、(容姿)が評価の基準になっていて、それが嫉妬から出たものであるのは述べた。

実は、女性が女性を評価する時には、第4の項目があるのだが、これはあえて触れないタブー視されている。

それは「恋人・結婚相手」がいるかどうかだ。

例えば、Aさん(能力,性格,容姿)について、とりわけ「容姿」について、延々と批評(ダメ出し)をしてるとしても、そのAさんに「恋人・結婚相手」がいる場合は、すべてが逆転してしまうようだ。

批評(非難)している側に「恋人・結婚相手」がいなかった場合は、特に、Aさんに「恋人・結婚相手」がいることは触れてはいけないようだ。

ぶっちゃけ、Aさんの(能力,性格,容姿)が劣っていると、批評(見下し)しても、Aさんに「恋人・結婚相手」がいるとなったら、その時点でAさんとの優劣は決してしまうのだ。

Aさんは「恋人・結婚相手」がいることで「勝っている」ことになり、批評・非難している側が「負けている」となってしまうようなのだ。

だから、この部分については、暗黙の了解で、話題として触れてはならないようだ。

逆に、Aさんの肩を持つのであれば、〝批判している側には「恋人・結婚相手」はいないけど、Aさんには「恋人・結婚相手」がいるよね!〟とでも言えば、その場のやり取りをぶち壊せるタブーワードだ。

◆ズレている認識をもつ

男女が一緒になって、誰かAさんの話をする時には、評価軸がまるで違っているという認識をもった方が良さそうだ。

男性から見たら(能力,性格)で評価するとしても、女性から見たら(能力,性格,容姿)で評価して話しているかもしれない。

そして、話題には上がらないが、「恋人・結婚相手」も、その場の評価を覆せるファクターとして存在している。

結論: (‘A`)マンドクセ

柳原可奈子の結婚について

おっす!おらやなかなファン!

おらのブログでは何度も柳原可奈子が可愛いことを述べてきたけども、ついに結婚というニュースが発表された。

やなかなファンとして、一言だけ、述べておきたい。

「ご結婚おめでとうございます!!おらは、いつかおらと結婚するのかと思っていましたが、そんなことにはなりませんでした」

生で柳原可奈子と見たのって、2007年のライブを見に行った、一度だけじゃなかったかしらね。

彼女の通っていた高校とか、わりとおらの生活圏に近かったというのが、ライブの時にあきらかになったりしたよ。

その時から、もうずーっと好き。

ブログも、今のヤプログの前に、2004年くらいからブログを書いていてね、それも好きで読んでるよ。

書籍が出たけども、アレはイマイチだったと個人的には思うけど、もっとブログみたいな詩のような書籍にすればよかったのに。

柳原可奈子が、豹柄のタイツを着たグラビアが、プレイボーイだかに載るというので買った思い出もあるな。

カメラのさくらやに、CMとして採用されたら、すぐにさくらやが倒産されたりね。

柳原可奈子がまだ中野に住んでいた頃には、いつかどこかですれ違うことがあるんじゃないかと、妄想していたものよ。

やなかなの家族の話をするときは、どれも好きなのだけど、家族のエピソードは、その後みんなが亡くなってしまう話に繋がってしまったりして、そんな時に、うっかり泣いてしまうところも、好きだ(泣いた)。

ファンでめちゃくちゃ好きだった人が結婚する時、ちょっと寂しい気持ちにもなる一方で、その何倍も、幸せに、本当に幸せになってほしいと願っているよ。

新しい家庭では、やっぱり全裸家族になるのかしらー!

Nisshi2がとても静か

おっす!おらブロガー。

ブロガーなのに、2019年1月は一度も更新しなかったていうね!

ブロガーは、「自分の記事」を読んでもらう時に、どうしても「自分の」を残したい気持ちもあるのだけど。

「自分の」を、ぼやーっと曖昧にするサービス『Nisshi2』が面白いよ!

⭐︎雑感・使用感・雰囲気

さて、この『Nisshi2』というサービスだけど、前身があってその時には『Nisshi.in』というサービスだった。

サービスだった、という過去形を使っているのは、すでに一度サービスを終了してこのネットの海からなくなってしまっているから。

でも、同じ中の人によって運営されているのが、この『Nisshi2』なのだ。

このサービスの特徴は、匿名で文章を書けるところだ。

ユーザーは、自分の記事(日誌=日記)を、誰にも読ませない設定もできる。

一方で、『誰でも読めるスペース(Public Feed)』へ投稿することもできる。

記事にはタイトルをつけても良いし、タイトルがないまま投稿しても構わない。

このサービスが、実に静かで心地よいものになっている。

以前の『Nisshi.in』では、サービス開始時はとても静かなサービスだったのだけど、そのうち、広告がすごく増えたり、書く内容について運営側から色々と制限が加わったりして、「うるさい」感じになった。

それを嫌って、おらは退会してしまったのだけど。

新しい『Nisshi2』は、とても静かな雰囲気のまま、サービスが継続している。

また、『Public Feed』へ投稿する人たちが少ないこともあって、これもよい静けさだ。

投稿される内容も、「大演説」のようなものは、ほとんどない。

これは、『Nisshi2』が、匿名で投稿されるために、「私の・自分の文章を読んで!」みたいな気持ちが少なくなるためだろうか、どうだろうか。

最初に開かれるページも、自分の日誌からスタートするのがよいのよね。

『Public Feed』は、読みたければクリックして、読むという感じ。

例えば、ツイッターでは、基本的に自分の発言も、フォローしている人の発言も混在されて表示されるけど、それとは真逆だな。

この静けさは、ナニに例えたらよいのかなと思うけど、いろんな人の日誌が、テーブルの上に並んでいるような感じかしら。

他の人の日誌が気になったら、それを広げてもよいけど、基本的には自分の日誌だけがページが開かれている、そんな感じ。

誰かが自分の文章を読んだら、控えめな反応として、グッドボタン・ハートボタンを押してくれたりするけど、その控えめな感じもよい。

マークダウン記法でも書けるのだけど、それを使っている人はいないかな(おらが初期の方で試したくらい)。

とても静かな匿名の文章サービスって、ちょっと珍しいと思うので、そういうサービスが使ってみたい人にはオススメ。